これが「複業推奨」の現実!? 並び屋バイトで食いつなぐ社員兼ポスドクの悲哀

「複業」が叫ばれ収入形態を複数持つことを推奨される昨今。その名のとおり、会社員をやりつつアルバイトに身をやつす人々も……。まさに「働き方改革」の裏街道に横たわる阿鼻叫喚を聞け。今回はさまざまな理由は怪しいバイトを余儀なくされた2人のお話。
転売屋

並び屋とはLINEでやり取りする。転売屋組織の素性は不明、どこまでもグレーだ

並び屋バイトで食いつなぐ社員兼ポスドクの悲哀

本業 研究員 月収14万円/バイト 並び屋 月収8万円  独立行政法人で研究員(嘱託社員)として働く秋山光太郎さん(仮名・35歳)の手取りは月14万円。東大大学院生でもあるため学費も納めなければならず、これでは到底生活できなかった。 「そんなとき、たまたま見た掲示板サイト『ジモティー』で並び屋の募集を見つけました。副業は一切禁止だったので、現金手渡しでバレないのが決め手でした」  家電量販店やブランドショップの抽選会に朝9~11時に並んで2000円。当たれば5000円。月に約5万~8万円を稼いだ。 「とあるアクセサリーブランドでは一回で最高7万円も稼げました。当たると大きいので月の半分はやってましたね。その半面、研究が疎かになり担当教授には呆れられてました。それでもカネの誘惑に負けて、大事な研究会がある日も並んでました」  プライドが折れそうになると、次のようにやりすごしたという。 「通りすがりの人に見られたり、汚い格好をした同じ並び屋がケツをかいてたりすると、目を閉じて『本当は俺は研究員で東大生なんだ。あいつらと違うんだ』と自分に言い聞かせていました」  一番苦痛だったのが、お金をもらうときだったとか。 「並び屋の発注元は、自分より若く素性もわからない怪しい輩。そんな人からコソコソしながらお金を受け取るのは辛かったです」  将来、ノーベル賞を獲れば苦痛もチャラになるかもしれない。
次のページ 
大学時代の友人から紹介されたバイト
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right