三菱重工が、「H3」ロケット打ち上げを英民間企業から初受注できたワケ

鳥嶋真也
H3ロケットの想像図

H3ロケットの想像図 (C) JAXA/MHI

 三菱重工業は2018年12月6日、開発中の新型基幹ロケット「H3」の打ち上げを、英国の大手衛星通信会社インマルサットから受注したと発表した。打ち上げは2022年以降に予定されている。  三菱重工にとって、インマルサットからの打ち上げ受注は2件目で、海外顧客からの打ち上げ受注は通算6件目。そしてH3ロケットにとっては、初となる民間企業からの受注となった。  はたしてなぜ、まだ開発中で、一度も打ち上げられたことのないH3ロケットが選ばれたのだろうか?

H-IIBロケットの後継機、H3ロケットとは?

 H3ロケットは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)三菱重工が開発中の大型ロケットで、現在運用中のH-IIAロケット、H-IIBロケットの後継機となる。  H-IIAロケットはこれまでに40機が打ち上げられ、そのうち39機が成功しており、また7号機以降は連続成功を続けている。打ち上げ成功率は97.5%を誇る。  H3ロケットはこうした実績を受け継ぎつつ、より高い信頼性と柔軟性、そして低価格を目指しており、日本の宇宙輸送手段の自律性を確保し続けるとともに、商業打ち上げ市場での競争力の強化などを図っている。  たとえば、日本が長年培ってきた技術を活かした、信頼性の高い新型エンジンを装備。また、そのエンジンの装着数などを変えることで、打ち上げ能力を3段階に切り替えることができ、打ち上げる衛星の重さや、打ち上げる軌道に合わせ、柔軟に対応できる。さらに打ち上げ価格は、他国の同性能のロケットと比べて割高なH-IIAロケットと比べ約半額となる。  開発費は約1900億円で、現在はエンジンの燃焼試験や、打ち上げに使う地上設備の製造などが行われている。また、初の打ち上げに使う試験機についても、一部はすでに製造が始まっている。  三菱重工、JAXAによると開発は順調だとされ、2020年度中に試験機1号機を打ち上げる予定となっている。続いて試験機2号機の打ち上げを行い、その評価を行ったのち、開発を完了。その後、本格的な運用に入る予定となっている。
次のページ 
コンスタントに海外から受注を得る三菱の商業打ち上げ
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right