アメリカで存在感を増す反トランプの草の根運動。日本のリベラルも学ぶべきその手法とは?

仲野博文

indivisible movement in womens march

photo by Master Steve Rapport via flickr (CC BY 2.0)

 今月6日に行われた米中間選挙では、連邦議会上院では共和党が過半数を維持したものの、下院では民主党が過半数を制する結果となった。
 下院ではアメリカ建国以来、女性議員が初めて100人を突破ネイティブ・アメリカンイスラム教女性下院議員も初めて誕生した。

 昨年1月のトランプ政権発足後、「アメリカの分断」がより顕在化したとの指摘が相次ぐなか、女性やマイノリテーの国会議員や地方議員が続々と誕生しており、アメリカでは新しい政治の風が吹き始めている。

 その原動力の1つとされるのが、2年前から始まったインディヴィジブル」(Indivisible Movement)という草の根運動だ。

トランプ政権の誕生にショックを受けた、2人の元政府職員によって始められた草の根運動

 インディヴィジブルという言葉は、多くのアメリカ人にとって馴染み深いものだ。ニュース映像やハリウッド映画などで、アメリカ人が公式行事や学校の教室などで、起立して「忠誠の誓い」を唱えるシーンを目にしたことはないだろうか。多くの場合、右手を心臓の部分にあてて、国家と国旗に忠誠を誓う。その際に唱えられる一文にインディヴィジブルという単語が入っており、その意味は「分割することができない」という形容詞だ。忠誠の誓いの中で、「神の下に、分割されることのない国家」という表現があり、そこにインディヴィジブルという言葉が使われている。

 この言葉がアメリカの新しい政治運動の代名詞として使われるようになったのは2年前のことだった。トランプ政権の政策がアメリカ社会の分断をより深刻なものにすると懸念した連邦議会の元スタッフ4人が中心となって、2016年12月14日に分断の対義語でもあるインディヴィジブルという言葉をタイトルにしたハンドブックをネット上で公開。選挙区で国会議員に話を聞いてもらうためのコツなどが具体的に記載されていたため、多くの有権者の間で話題となり、やがてインディヴィジブルは全国のリベラル派の有権者や小さな小規模のグループをまとめるプラットフォームとなった。

 インディヴィジブルの作成に携わった4人の中心人物のうち、夫婦でもあるエズラ・レヴィンレア・グリーンバーグは民主党の下院議員事務所で助手として働いていたこともあり、議員が喜ぶことと恐れることの両方を熟知していた。

 インディヴィジブルの参加者について、正確な数は発表されていないが、昨年8月の時点で約5900の地域支部が存在している。フェイスブックとツイッターのフォロワー数は、それぞれ約25万人程度となっている。インディヴィジブルの運営資金は基本的には賛同者からの寄付によるもので、各地域のインディヴィジブル運動の関係者が創設者に定期的にいくらか収めたり、メンバーから会費を取るといったことはない。

次のページ 
誰もが閲覧可能な「反トランプアジェンダの手引き」とは?
1
2
3
4
5
関連記事
仲野博文は、他にもこんな記事を書いています
6
7