安田純平氏の会見に「謝罪を求める日本社会は異常」「自己責任論は極右の思想」と欧米メディア特派員

及川健二

日本外国特派員協会で会見、「おわび」と「感謝」を述べる

安田純平外国記者協会会見

11月9日、日本外国特派員協会で記者会見を行った安田純平氏

 11月9日、シリアで40か月拘束され、解放されたジャーナリストの安田純平氏が日本外国特派員協会にて会見を行った。
 安田氏は冒頭に次のように手短な発言を行ってから質疑応答に移った。

「本日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございます。今回、私の解放に向けてご尽力いただいた日本、トルコ、カタールをはじめとする多くの皆さま方、ご心配いただいた皆さまにおわびしますとともに、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 そして、今も行方不明になっている多くのジャーナリストたちの1日も早い無事の解放を祈っています。今回、私自身の行動によって日本政府を当事者にしてしまったという点について、大変申し訳ないと思っています。今回、何があったか可能な限り説明することが私の責任であると思っています。よろしくお願いします」

 最初に質問に立ったのはアメリカ人ジャーナリストで『新月通信』代表のマイケル=ペン記者。2015年6月まで外国特派員協会の第一副会長を務めていた協会の重鎮だ。

米ジャーナリスト「日本社会には異なった“常識”がある」

 ペン氏は次のように言った。

「先日、『国境なき記者団』が、先日ステートメントを発表しているんですけれども、その声明の中身というものは、謝罪をすべきではない、謝罪をする必要がないという内容のものになっております。

 謝罪をするのではなくて、むしろ歓迎されるべき、評価すべきだというような内容の声明になっているんですけれども、日本社会、日本の市民が期待していること、日本の社会の状況というのは、ある意味で異なった“常識”があるというふうに感じるところがあります。

 記者としての、ジャーナリストとしての仕事というのは、危険なところに行ってその現場で起きていることを取材する、そしてそれを伝えるということであります。政府などに管理、コントロールされる内容ではなくて、現場での情報を伝えることがジャーナリストの本来での仕事になります。

 ですので、これからが質問なのですけれども、世界で活躍するジャーナリストとしては、本当に謝罪をする必要があると考えられているでしょうか? 日本は民主国家ではありますので、民主国家、そして民主主義の社会においては、コントロールされる情報ではなくて、現場の直の情報を伝えることがジャーナリストの仕事だと思います。

 もちろん日本政府はいろいろと解放に向けての働きをしていたということはあったと思うんですが、それについて謝罪をするのではなく、やはり帰国したことで歓迎されるべきでしょうか。それについてのコメントをお願いいたします」

 安田氏は次のように応えた。

「この報道の仕事、ジャーナリストの仕事が政府や権力にコントロールされるものではないということについて、全面的に賛成いたします。今回、謝罪といいますか、私自身の行動に幾つかのミスがあったということは間違いないので、この点について皆さまのご批判をいただいて、今後に生かしていくためにまずごあいさつといいますか、ご批判をいただくに当たって『おわび申し上げます』ということを申し上げています」

次のページ 
「大本営発表」に頼るのは民主主義の姿ではない
1
2
3
シリア拘束 安田純平の40か月

2015年6月に取材のためシリアに入国し、武装勢力に40か月間拘束され2018年10月に解放されたフリージャーナリスト・安田純平。帰国後の11月2日、日本記者クラブ2時間40分にわたる会見を行い、拘束から解放までの体験を事細かに語った。その会見と質疑応答を全文収録。また、本人によるキーワード解説を加え、年表や地図、写真なども加え、さらにわかりやすく説明。巻末の独占インタビューでは、会見後に沸き起こった疑問点にも答える

4
5
関連記事
6
7