肱川大水害で最大級の被害地域で見た、無治水の惨状。ダム偏重による行政の倒錯と怠慢が生んだ人災

牧田寛

堤防上から肱川左岸の集落を望み、息を呑んだ

肱川の堤防

宇津橋肱川左岸より上流側を望む。立派な堤防がある。2018/10/20撮影

 肱川右岸を遡り、近代的堤防の上にかかる宇津橋を渡り、肱川左岸にゆきます。やや厚みが薄いですが、立派な堤防がそこにはあります。  しかし、堤防の上から肱川左岸の成見集落、池田集落を望むと、息を呑むような惨状がそこにはありました。
池田集落

宇津橋左岸堤防上から池田集落を望む。県道沿いのすべての家屋が5mの浸水被害をうけている。2018/10/20撮影

2階中程まで浸水した家屋

菅田町菅田・下村島集落交差点に面した家屋。2階中程まで浸水し、外構の多くは流失している。2018/10/20撮影

 宇津橋を発って、成見集落から西進し、菅田町菅田の下村島集落に至るまで、県道沿線のすべての家屋が2階まで浸水の甚大な被害を受けています。この一帯は、標高25mの等高線上に集落が形成されていますが、水は少なくとも5mまで上がってきていることがわかります。  ここまでの被害が生じるということは、堤防が破堤したか、堤防がなかったかのどちらかとなります。そこで菅田地区の堤防をふたたび見ることとします。
次のページ 
暴れ川の肱川に堤防が、ない!
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right