富裕層男性の「恋愛欲」を満たせるか否かが、愛人業の成否を分ける<現役愛人が説く経済学57>

東條才子

恋したいおじさんと、お金だけくれという女性

 恋愛がしたいおじさんと、お金だけがほしい若い女性。両者のニーズは基本的にマッチングいたしません。 「長く付き合える子がほしいけど、なかなか出会えないんだよ」 「たとえ騙されても良いから、付き合う女性には『恋人感覚』を味わわせてほしいんだ」  とこぼす富裕層を、私は何人も見てきました。地位と名声を得た男性は多くの場合、「恋愛」というものに飢えています。が、それを満たせる若い女性が、圧倒的にいないのですね。若い女性はお金をもらうことを最優先にしがちですが、富裕層の男性はこう思っています。 「ただの金づるだと思われたら、一気に冷めてしまう。俺はタダで金をやるほど馬鹿じゃないよ」  彼らにとっては、金を渡してするセックスさえ、恋愛の延長上にあるべきものです。短絡的な性欲を解消したいなら、風俗へ行けばいいわけですから。それでも満足できない層が、愛人を求めるのです。  恋がしたいおじさんに、しっかりと「恋させる」こと。これさえできれば愛人など、いとも簡単になれてしまうのですが、普通の感覚では難しいでしょう。キャバ嬢やホステスも、ほとんどが「色恋営業はムリ」と言います(もちろん売れっ子ホステスは、上手く色恋を使いこなしているのですが)。  話がホステスに逸れましたが、一般的な若い女性が最も嫌がるのは「おじさんとの恋」です。目をつぶればセックスくらいはできても、おじさんの恋愛感情はいつまでも心にこびりついて離れませんから、気持ち悪くて耐えられないのですね。  だからこそ、短期的なパパ活や援助交際が流行るのです。「パパ=父親=恋愛対象ではない」とのイメージがありますから、「色恋営業はムリ」な若い女性にとってはぴったりでしょう。バイト感覚で手軽です。  ただ、バイトはあくまでバイトです。長期雇用の愛人関係になれば、バイトどころではない収入が転がり込んでくるのに、もったいないなぁと、私などは思ってしまうのです。 <文・東條才子>
1
2
関連記事