大晦日RIZIN参戦発表のメイウェザーが衝撃的なインスタを投稿

林泰人
メイウェザーのインスタ

衝撃的な内容が書かれたメイウェザーのインスタ(訳文は記事内)

 格闘家の二つ名といえば、「北の最終兵器」、「戦慄の膝小僧」といった“強さ”をイメージさせるものが主だろう。そんななか、“マネー”の名のとおり、ビッグファイトで多額のファイトマネー、そしてPPV(定額制視聴料)を稼いできたのが、史上初、無敗のままボクシングで5階級を制覇、さらにMMA(総合格闘技)の悪童を倒してきたボクサー、フロイド・メイウェザーだ。

那須川天心との対戦が一躍注目の的に

 そんな“マネー”メイウェザーは’15年5月の世紀の一戦でマニー・パッキャオに勝利。同年9月の試合を最後に、プロボクシングを離れると、’17年には世界最大の総合格闘技団体UFCで絶対的な人気を誇っていたチャンピオン、コナー・マクレガーと対戦。見事勝利をおさめ、ボクシングファンのみならず、格闘技界全体に名声を轟かせていた。

 そして、今年に入ってからは先述のUFCで絶対的なスターだったマクレガーを破ったロシアのカリスマレスラー、ハビブ・ヌルマゴメドフとSNS上で舌戦を展開。再び、総合格闘家との“世紀の異種格闘技戦”が期待されていた。

 ところが、11月6日、突如として発表された対戦カードは12月31日、さいたまスーパーアリーナにて行われるRIZINでの試合。相手は現在、日本の立ち技格闘技界において、向かうところ敵なしの那須川天心。プロボクシングは引退済み、なおかつ41歳のメイウェザーに対して、那須川は20歳。どういったルールで試合が行われるのかも含めて、格闘技ファンからの注目度は高かった。

「天心はカードが組まれた時点で世界的なプロモーションになってる。負けても損はない」

「メイ(ウェザー)は自分のブランドを世界に広めたいから、広告効果でまずは日本で試合をしたいんじゃ?」

 はたして蹴りはありなのか? 何ラウンドやるのか? そんな部分に格闘技ファンは大注目した。

 しかし、そもそも、P4P(パウンド・フォー・パウンド=最強)の誉れ高いメイウェザーが、まさか日本の格闘家と試合をするとは……。しかも、格闘技バブルの象徴とも言える、大晦日の試合に参戦するなんて!

 筆者の周りでも、「もう大晦日の予定は決まった。日本でメイ(ウェザー)が観れるなんてありえない」といった声が聞かれた。
 その一方で、「本当に試合をやるのか」と危ぶむ声が聞こえていたのも事実である。筆者が若かりし頃、スポーツ新聞では盛んにマイク・タイソンのK-1参戦が話題にされていた。結果はどうだろう? 結局、タイソンがK-1のリングに上がることはなかった。

 しかし、前代未聞の異種格闘技戦。しかもボクシング、いや格闘技史上に残る名ボクサーが日本人と戦う? どうしたって気にはならずにいられない。

次のページ 
メイウェザーInstagram投稿の衝撃

1
2
4
5
関連記事
6
7