米カーギル、カウボーイロボを導入。牛と従業員を守る

ロボティア編集部
カウボーイロボ

photoby Cargill

 米最大の畜産業・牛肉生産業のひとつカーギル社が、牛を囲いから工場に移動させるために使用する「カウボーイロボット」を導入した。

 ミネトンカに本社を置くカーギル社は、10月初め、ミズーリ州カンザスシティで開かれた北米ミート協会(North American Meat Institute)の会議で同ロボットを公開している。

 黒いゴミ袋を振り回しながら牛を追い立てるこのカウボーイロボットは、家畜がフェンスに閉じ込められた時のストレスを削減しつつ、600kg以上の牛を扱う作業員を保護する目的で開発された。

 工場の運営管理者であるブラッド・チャーチル氏は、もし牛がロボットを傷つけたとしても修理すればよいが、従業員を傷つけてしまったら深刻なことと、ロボットの有用性についてメディアに話している。

カウボーイロボ

photoby Cargill

次のページ 
動物アクティビストも「革新的」と評価

1
2
4
5
関連記事
6
7