恋愛体質女性を狙う「子宮系スピリチュアル」、想像以上に悪質なその手口

小出平走歌

uterus-1089344_640

「子宮系」という衝撃的なワードセンスも、情報弱者の心を掴んだと思われる

 日本では、「病気にかかる」のは過去の行いが悪いという因果応報説を信じる人が多くいる。新興宗教から印鑑商売までそれを悪用している団体がたくさんある。
 例えば、がんになったといったら悪質新興宗教は「あなたの行いに悪いことがあったからだ」と本人の行動に原因を求める。がんの原因はあくまで遺伝と外部要因と突発的要因の3つであり、そのような電波的理由は鼻で吹き飛ばす程度のデマである。しかしいったん病に陥ってしまった人は治るためになんでもすがってしまうのが現状だ。

 そして、その手法を「恋愛至上主義」ともいえるような現代社会の宿痾につけこむような「スピリチュアル」のジャンルがある。

 それが、最近流行の「子宮系」というものだ。

 多くの男性と交際し、なかなか幸せになれないと悩んでいる女性がしばしばすがるそうで、悪い男とのセックスで子宮に宿った悪い霊を取り払えば幸せになるという「教義」を掲げている新しいスピリチュアルだ。

 多くの男性と交際してもなかなか結婚に結びつかないと悩んでいる女性につけこみ、過去の性経験を悪とする。信じている信者によると、「有名だから正しい」という日本人特有の判断方法で信じている人が多いようだ。

 問題は、この子宮系は水子供養のような商法と同じになってしまっていることだ。根本的にはジェンダーに関連する問題と深く結びついている。たくさんの男性と経験することを「悪」呼ばわりし、あくまで女性は貞淑でいるべきという古い時代のジェンダー感を押し付けているところが狡猾である。それを悪と刷り込んでしまうことがいかにも男性社会の日本らしい。

 いくら男性と性交をしようと、いくら奔放に遊ぼうと自分の体は自分のものである。だからそれに何の意識もつ必要がないという先進国では当たり前のジェンダー感だ。それを日本的な古い価値観によって破壊する悪質な旧体制よりの信仰なのだ。

次のページ 
女性の罪悪感と弱点を突いてボロ儲け
1
2
4
5
関連記事
6
7