安倍vs玉城新沖縄知事初面談。依然として辺野古移設強行の安倍首相に対し、早期訪米と野党連携で対抗へ

横田一
 沖縄県那覇市で行われた、翁長雄志前知事の県民葬の3日後の10月12日。玉城デニー沖縄県知事が上京して安倍晋三首相や菅義偉官房長官と初面談、県知事選で支援を受けた野党に挨拶回りも行った。

安倍首相、改めて辺野古新基地建設推進を強調

国民民主党との会談

玉城知事は、冒頭のみ公開の立憲民主党に続いて国民民主党幹部に挨拶、約10分にわたって安倍首相との初面談内容を紹介しながら、意見交換をした(報道陣に全面公開)

 安倍首相との会談は15分の予定が30分となり、「非常にフレンドリーな雰囲気だった」(玉城知事)という。しかし辺野古新基地反対の民意が県知事選で再び示されてもなお、安倍政権の強行姿勢に変化はなかった。その後の野党挨拶回りで玉城知事は、政権トップとの面談内容を説明しながら、早期訪米や野党連携への意欲についても語ったのだ。

 国民民主党との意見交換では、原口一博・国対委員長(佐賀1区)が「デニーさんじゃないとできないことが一杯あります。アメリカを動かすことだって」と口火を切ると、玉城知事は安倍首相・管官房長官との面談内容について次のように語った。

「先ほど『(基地問題は)日本政府と沖縄の問題とよく聞きますが、私はアメリカの国民世論に訴えて行きます』と菅官房長官に言ったら、『それはやられた方がいいのではないですか』と言っていました。

 安倍首相は『政府の従来の方針は変わらない。普天間基地の危険性除去(閉鎖)も辺野古新基地に移さないといけない』と話していましたし、官房長官も同じ論調で経緯を説明、『事務方としては辺野古新基地建設を進めていく』と語っていました。

 ただ4年前と今回の沖縄県知事選で2回、辺野古新基地反対の民意が示されたわけですから、私はアメリカの世論に堂々と辺野古新基地反対を訴えたい。アメリカの民主主義で戦後復興を成し遂げてきた我々じゃないですか。

 そのアメリカの父を持つ私が、アメリカの国民に民主主義を訴えることは極めて正論だと思います。そこで『アメリカの世論に訴えます』と言ったら、菅官房長官はちょっと固まった表情をしていました」(玉城知事)

次のページ 
玉城新沖縄知事、11月にも渡米か

1
2
3
4
5
関連記事
6
7