市の公共施設でイスラエルの軍事関連見本市。「全く問題ない」とする福田紀彦・川崎市長に市民反発

死の商人

「ISDEF Japan」へのアリーナの利用許可取り消しを求める人々(杉原浩司氏提供)

「どこに抵触するのか?」 「いや、全く問題ないでしょ」  定例記者会見で地元紙記者の質問に福田紀彦市長は憮然とした表情で答える。質問の内容は、神奈川県川崎市の公共スポーツ施設「とどろきアリーナ」でイスラエルの軍事技術の見本市が開催されることについて、専門家や市民から「イスラエルによるパレスチナ占領や軍事行動に加担するのではないか」などの懸念の声が上がっている。

川崎市の公共施設を使い、軍事に関する見本市を開催

 問題の軍事技術見本市とは、「ISDEF Japan」(イスラエル防衛&国土安全保障エキスポ)。その公式サイトによればイスラエル最大規模の軍事・セキュリティ関連の見本市であり、関連企業はもちろん世界各国の「意志決定者」、つまり防衛担当の政府関係者も訪れ、商談を行うというものだ。「ISDEF Japan」は8月29~30日の日程で、とどろきアリーナで開催される予定。すでに関連の告知も始まっている。  イスラエルは1948年の建国以来、戦争を繰り返し、今なお国際法違反のパレスチナ占領を続けている。最近もパレスチナ自治区ガザでのデモに対してイスラエル軍が実弾発砲を繰り返し、今年3月末から現在までに160人以上を殺害、1万6750人を超える人々を負傷させている。  今年6月13日には、国連総会でパレスチナ民間人への「無差別で不均衡かつ過剰な」武力行使に対する非難決議が日本を含む120か国の賛成で採択されるなど、イスラエルへの国際的な批判が高まっているのだ。  こうした中、地元市民らを中心に立ち上げられた「川崎でのイスラエル軍事エキスポに反対する会」が「ISDEF Japan」へのアリーナの利用許可の取り消しを求め、8月2日に要望書を福田市長宛てに提出した。その同日に行われた定例記者会見での飛び出したのが、冒頭の福田市長の発言だった。 『神奈川新聞』の記者が、「軍事と一体化している技術を市の施設を使って展示することに市民から不安の声が上がっている」と質問したところ、福田市長は「原則、こういった施設は申請があれば、使用の規定に反しない限り貸し出す」と答えた。 「とどろきアリーナの仕様規定で危険物の持ち込みは禁止となっているが、武器を持ち込まないことは、(ISDEF Japanを主催する)団体と確認して、武器はありませんよ、ということになっている」(福田市長)
次のページ 
福田市長は「まったく問題ない」と開き直り
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right