5か月で1万円が7000万円に。日々ツイッターに戦績を上げる凄腕トレーダーの投資手法とは?

同水準で伸びやすいヒゲは絶好の値幅取りのチャンス

 ビットフライヤーの板を見る際にはポイントがある。表示されている板の真ん中左のボタンをクリック。すると数十円刻みで並んでいた板情報が、数百円刻みでまとめられ、見やすくなるのだ。そのうえで100~300BTC程度の大口注文が入ったら、売り・買い崩しのチャンス到来! ただし、あわ氏はさらにひと工夫加えている。
ビットフライヤー特有のヒゲを狙い打て!

【ビットフライヤー特有のヒゲを狙い打て!】あわ氏が愛用するビットフライヤーのチャートでは、長いヒゲをつけやすい。その1つの理由として考えられるのはSFDというFXと現物価格の乖離を広げるトレードに手数料が発生する仕組み

「あまり言いたくなかったんですけど……たすくさんという個人トレーダーが開発した『TASKAL』というトレーディングツールをiPadで起動させているんです。このTASKALを使えば、ビットフライヤーのみならず、BitfinexやBitMEXなどの海外の大手取引所のチャートを1つ画面に表示できるし、素早く注文を出せる。さらに、たすくさんが僕用に連続注文がボタン1つでできるようにアレンジしてくれたんです! このTASKALのおかげで、板読みトレード効率が格段に上がりましたね」  かなり特殊なツールを活用しているあわ氏だが、基本的にビットフライヤーの板を読みながらのトレードでも問題はない。なぜなら、“取引所固有の値動き”もあるからだ。 「ビットフライヤーの特色に、『ヒゲが伸びやすい』。上げ相場でも一定の水準に達すると長い上ヒゲをつけて瞬間的に下げるんです。おそらく、少額で投資をされている人が多くて、強制ロスカットに引っかかりやすい、というのが理由でしょう。『SFD』という特殊な手数料(FXと現物価格の乖離を広げるトレードに手数料が発生)の影響もありそう。5分足チャートで直前に長い上ヒゲをつけた水準まで上がってきたら、“ヒゲキャッチ”のチャンス。大きめの売り注文を入れて細かく利益を重ねるといいでしょう」  まずはビットコインFXの板読みからレッツ、チャレンジ! 《あわ流板読みトレード3か条》 ①サポ&レジ付近の板を要チェック ②単発の厚い買い板を売り崩せ! ③“伸びやすいヒゲ”を狙い打ち 【あわ氏】1万円を5か月で7000万円に増やした板読みトレーダー 資産 億超え 初期投資額 10万円 投資歴 10年 投資法 スキャルピング、板読みトレード 使用テクニカル サポート&レジスタンス、移動平均線、チャートパターン 投資先 FXは主要通貨ペア/仮想通貨はビットコインFX主力 保有アルトコイン イーサリアム Twitter:@awachan3  大学卒業後にFX投資を開始。一部上場企業に勤めながら、10万円をスキャルピングでコツコツ増やし、8年間で2000万円稼ぐことに成功。だが、’16年11月の“トランプラリー”で大幅に資産が減少……。’17年1月にFXで残ったお金の一部(30万円)を仮想通貨に投入にしてトレードを開始。ビットフライヤーのビットコインFXでスキャルピングして’17年末には億超えを達成。’18年1月からは心機一転、1万円からの投資を再開 ― 仮想通貨vsFX 「儲かるのはどっち?」最終決戦 ―
1
2
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right