今さら聞けない仮想通貨入門。海外取引所ってどこを選べばいい?

《オススメの海外取引所3選》
バイナンス

バイナンス

●バイナンス  設立1年目にして出来高世界一位の座に躍り出た取引所。100種類以上ものアルトコインを扱っており、草コインを求める投資家からも信頼が厚い。不定期で新規上場コインを決める投票イベントを開催している
Houbi

Houbi

●Houbi  もともとは中国の取引所だったが政府の禁止令により香港に拠点を移して再開。今年に入って出来高が急増しており、取引所が独自で発行するコイン「HT」はこの相場状況でも約4倍に高騰するなど非常に勢いがある
ビットレックス

ビットレックス

●ビットレックス  ’14年設立の老舗取引所。手数料が0.25%と非常に安いのもメリット。取り扱いコイン数も200種類以上と多く、草コイン愛好家からも人気が高い。昨年末には新規登録者が急増して一時停止していたが、現在は再開済み 《海外取引所特有のリスクにはご注意を》
日本語対応がされていない取引所

日本語対応がされていない取引所

 海外取引所には当然ながらリスクもある。まず、日本語対応がされていない取引所がほとんどなので、使う際にはグーグル翻訳や解説ブログを参照しながら慣れていく必要があるだろう。加えて「パスワード入力を何回も間違えてアカウントが凍結された」といったトラブル時にも、運営に英語でメールを送るなど面倒くさい手間が必要だ。また、マイナーな海外取引所だと送金ミスでコインが消えたり、ハッキング対策が脆弱だったり、ときには突然取引所が閉鎖されたりする。膨大な数のコインが買えるのは魅力だが、日本国内での売買よりも、やはりリスクは高いということは頭に入れておこう。 【フクロウ氏】 クリプトフォリオ運営。仮想通貨のポートフォリオアプリ「クリプトフォリオ」などを運営。個人投資家とも繋がりが深く、仮想通貨の最新情報に広く精通している ― 今さら聞けない[仮想通貨]入門ガイド ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right