親や同伴者なしでアメリカを目指す中米の若者たち。不法移民を国境で追い返すだけでは何も変わらない

白石和幸

(c) Tomas Castelazo, www.tomascastelazo.com / Wikimedia Commons / CC BY-SA 4.0

 トランプ政権による不法移民の親から引き離された子供の数は3000人とも4000人とも言われている。米国の移民局の方でその数を完全に掌握出来ないでいるというのが現状である。(参照:「La Jornada」)

 この非道とも言えるトランプ政権の方針に社会から批判が相次ぎ、連邦地方裁は7月26日までに親と再会させることを命じている。しかし、これだけ多くの幼児を指定された期日までに親に引き合わせることは物理的に難しいように思われる。また、幼児の中には親と数か月離れていた影響で親を認知出来なくなっているケースもあるという。そして、それまで傍にいて幼児を介護していた婦人の元に戻ることを願う子供もいるという。正に親子の二重の悲劇となっているのだ。(参照:「Clarin」)

「子供だけ」で国境を越えようとする事例も増加

 親子のこの悲劇と同様に、中米そしてメキシコから米国に大人が同伴することなく未成年者だけの不法移民も増加しているという問題がある。

 そこでは親と引き離されたのではなく、親が何かの事情があって不在となっているのだ。彼らは16~17歳や12~13歳と年齢はそれぞれ異なっているが、親か大人の同伴なく中米あるいはメキシコから米国との国境を違法通過しようと試みるのである。

 国境警備隊によると、昨年10月から今年6月30日まで9カ月間にグアテマラからの米国に入国しようとした未成年者の内の1万7649人が国境で拘束されたという。それは前年同時期に比べ2822人の増加だとしている。

 更に、彼らの統計によると、同期間中に国境で拘束された未成年者の総数は3万6390人になるという。即ち、拘束された未成年者のほぼ48%がグアテマラ出身者だということになる。中米で米国に向けて不法移民者の多い国はグアテマラ、エル・サルバドル、ホンジュラスの3か国である。

 サン・カルロス・バロメオ修道会の伝道プログラム部長カロル・ヒロン氏は未成年者による不法移民の増加に警鐘を鳴らしているが、「子供たちに行かないようにと注意を促すが、何の為に残るのかという回答が出来ない状態である」と述べている。(参照:「Prensa Libre」)

次のページ 
それでもアメリカに向かう理由
1
2
4
5
関連記事
6
7