かつての政敵が30年ぶりに急接近。小泉元首相、小沢一郎・自由党代表に「原発ゼロ」で安倍政権打倒を助言!?

横田一
囲み取材

小沢一郎政治塾の塾生70人を前に約1時間半の講演をした後、囲み取材に応じた小泉元首相(左)と小沢代表

「原発ゼロ社会の実現」を訴えて全国講演行脚を続けている小泉純一郎元首相は7月15日、自民党時代からの“宿敵”だった小沢一郎代表(自由党)の政治塾で講演をした。

 発端は、「新潟県知事選」(6月10日投開票)で小泉元首相が脱原発派の野党系候補、池田千賀子元県議にエールを送ったこと(参照記事「小泉純一郎・元首相が新潟知事選の告示日前日に講演、野党統一候補の池田千賀子氏を激励」)。これを知った小沢代表サイドが講演を打診した結果、かつての政敵が30年ぶりに急接近したのだ。

小沢氏「野党として『原発ゼロ』を最大の政策目標に掲げていきたい」

小沢一郎政治塾で講演をする小泉元首相。「原発ゼロ」の持論に加えて、小沢一郎代表との思い出なども話した

 2人が目指すと語ったのは、原発再稼動に邁進する安倍政権の打倒だった。「原発即時ゼロは可能」「日本は自然エネルギー大国を目指すべきだ」といった持論を約1時間半の講演で語った後、小泉元首相は小沢代表と並んで囲み取材に臨み、安倍政権打倒(=原発ゼロ政権誕生)の方策をハッキリと述べたのだ。

「国民が支持する『原発ゼロ』を、野党が争点にするのかどうかが大きいと思う。自民党のように『いろいろ意見が違っても一本になろう』という気持ちが野党にあるのかどうか。野党が一本化して、選挙の争点にできるのかどうかがカギだと思います」(小泉元首相)

 一方の小沢代表も、倒閣の旗印を「原発ゼロ」にすることに賛同。「来年の参院選に向けて『原発ゼロ』で野党勢力の結集の旗印として掲げる考えはあるのか」との質問に、「野党としても『原発ゼロ』は最大の政策目標として掲げていきたい」と決意表明をした。

「直接的な選挙応援はしないが、原発ゼロの国民運動はする」という立場の小泉元首相について、小沢代表は「(自民党)総理総裁をなさった方が『原発ゼロ』を国民に話をしてもらっていることだけでも我々にとってたいへん心強い。この主張を今後も強くやっていきたい」と述べ、小泉元首相と連携していく姿勢を明らかにした。

次のページ 
安倍首相について「残念」と小泉元首相

1
2
4
5
関連記事
6
7