昨年のビットコイン急騰の少なくとも半分は価格操作されていた!? テキサス大リポートの衝撃

mohamed_hassan via pixabay(CC0 Public Domain)

 6月13日、テキサス大学のJOHN M. GRIFFIN教授と卒業生のAMIN SHAMSが66ページに及ぶ衝撃的な論文を発表し、波紋を呼んでいる。(参照:「SSRN『Is Bitcoin Really Un-Tethered?』」、「NY TIMES」)

 その論文によれば、昨年ビットコインと他の大きな仮想通貨における価格上昇のうち、少なくとも半分を集中した価格操作キャンペーンによって引き起こされた可能性があるという。

 JOHN M. GRIFFIN教授は研究の中で、ビットコインと「テザー(tether)」という仮想通貨の関係性について着目した。テザーは、米ドルと価格が連動することを謳っている「ステーブルコイン」と呼ばれる仮想通貨だ。

 じつはこのテザー、以前からある疑惑があった。それは、テザーが謳う「ドルの裏付け」がハッタリなのではないかという疑惑だ。つまり、テザーの運営会社(テザー社)の保有するテザーの総額が、同社の保有する米ドルの総額と合致していないのではないか? ということだ。(参照:「WIRED」)

 そのため、SNSやRedditなどで同社に対して米ドルの準備高を開示することを要求する声が以前から噴出していた。同社はその要求には応じず、監査法人との関係を打ち切るなどしていた。

 さらに、実はこのときから、「もしテザーが裏付けとなる米ドルを保有していなかったら、同社は自由にテザーを発行できることになり、ビットコインの価格下落に合わせてテザーを発行して、ビットコインを買い漁ることも理論上に可能だ」という指摘がなされており、匿名でテザーの発行時期とビットコインの急落時期が連動していることを示すレポートが出ていたのだ。

BC急騰時に発行量が急増していたテザー

 仮想通貨に詳しいライターの高城泰氏は語る。

「テザーは米ドルにほぼ連動して動くとされる仮想通貨です。本来、テザーが1単位発行されるごとに1ドルが裏付けとして保管されることが前提なのですが、本当に保管されているのか、怪しいとの指摘は以前からあり、1月には米商品先物取引委員会(CFTC)が調査中との報道もありました。テザーの発行量とビットコイン価格の推移を重ねると、『ビットコイン価格が急落すると新規のテザーが発行され、ビットコインが上昇する』といった現象は幾度となく観測されています。昨年11月から12月にかけて暴騰時にもテザーの発行量は2倍以上に急増しています。“状況証拠”的には疑惑を持たれてもおかしくないでしょう」

 今回の論文では、テザー社の経営陣とまったく同じ経営陣が運営するタックスヘイブンにある取引所、Bitfinexのブロックチェーンの台帳に記録された数百万件の取引記録を解析し、昨年起きた大きな価格変動において、上記のような価格操作疑惑を証明するパターンを特定し、昨年起きたビットコインの価格上昇のうち、少なくとも半分以上でテザーの新規発行と価格上昇の間に相関関係が認められたとしている。

 もちろん、この論文においてBitfinexが価格操作に関与していたことを明確にする証拠のようなものはない。しかし、この手法は過去に同様の不正を暴くときに役立った手法であり、専門家の間では確度が高いものだと評価されている。

次ページBitfinexのCEOは否定するが……


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

手掛かり不足も下値は堅いか

東京市場 ドル円は、先週、トランプ政権が中国からの輸入品500億ドル相当への追加関税を発表し、中国も同規模の報復関税で応じるとの声明をだしたことを背景に米中貿易摩擦への懸念からリスク回避の円買いが優勢となり一時110.30円近辺まで下落しました。 ロンドン市場 ロンドン勢参入後はリスク回避… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由