ロシアと急接近するイタリアのポピュリズム新政権。EUの行方はどうなる?

ロシアへの接近で暗躍したのは、極右政党としても知られる「同盟」のマテオ・サルビニだ。photo by Fabio Visconti via Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)

 イタリアで今月誕生したポピュリズム2政党「五つ星運動」と「同盟」。この連立政権が首相に選んだ法学者ジュゼッペ・コンテによる所信表明演説の内容は、ロシアへの接近を強調し、2014年に米国が背後から支援した欧州連合(EU)が科した対ロシア経済制裁の解除を示唆したものであった。

 さらに同演説は、イタリアが北大西洋条約機構(NATO)の一員であるとしながらも、同時に新政府は親ロシア派であることを認め、「ジオポリティクス危機において、近年外交上の役目を確固たるものにしたロシアに対し、我が政府は門戸を開ける役目を担う」と述べた。そして、「ロシアに科せられている制裁を見直す推進者になる意向である」と表明したのである。(参照:「ABC」)

 EU加盟諸国のリーダー国の一つであるイタリアの首相が、EU委員会やドイツ、フランスと事前の調整もなく、ロシアに科している制裁を解除することを率先して実行することを表明したのはEU加盟国間の均衡を砕くことに繋がるかもしれない。

所信表明演説の「黒幕」と統一ロシアの間で結ばれていた「合意」

 コンセンサスで選ばれたコンテ首相の地位はこの2政党の中で指揮権のない報道官でしかない。首相にこのような発言をさせた人物が背後にいたのである。その人物とは同盟のリーダーで副首相兼内務相であるマテオ・サルビニである。

 サルビニがこのような挙に出たのには、これまでメディアでは目立って注目されていなかった一つの出来事あった。それは昨年3月6日にモスクワでサルビニの同盟とプーチンの統一ロシアの間で合意が交わされていたのである。(参照:「El Pais」)

 その合意内容とは、両国の安全と防衛における協力、将来の経済協力、不法移民の取り締まり、リビアの和平回復、テロリズムとの戦い、というまではどこでも見当たりそうな合意内容である。ところが、それに加えてロシアへの制裁の解除という内容が盛り込まれているのである。特に、制裁に関してはその影響でイタリアは50億ユーロ(6500億円)の損失、数千人の雇用の喪失に繋がったという苦い経験をしている。

 サルビニはその合意の署名の後、ラブロフ外相と35分会談したという。その会談の中で今回合意された内容が確認された上に、「ロシアは(同盟が)EUの制裁に反対する意向を表明してもらいたい」と伝えられたという。(参照:「El Pais」、「MUNDIARIO」)

 統一ロシアの副書記長セルゲイ・ゼレニャックは、同盟との合意のあと、「五つ星運動とも合意を結ぶ予定であった」と取材記者に語った。彼は、「我々はイタリアのどの政党とも合意する用意がある。五つ星運動には親近感を持っており、彼らとも接触はある」「彼らの方で合意をしたいと望んだ時点でいつでも署名できる。我々の方は準備できている」と語っていたという。(参照:「El Pais」)

次ページ欧州で暗躍するプーチン


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

手掛かり不足も下値は堅いか

東京市場 ドル円は、先週、トランプ政権が中国からの輸入品500億ドル相当への追加関税を発表し、中国も同規模の報復関税で応じるとの声明をだしたことを背景に米中貿易摩擦への懸念からリスク回避の円買いが優勢となり一時110.30円近辺まで下落しました。 ロンドン市場 ロンドン勢参入後はリスク回避… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由