宗教保守から弾圧されても、実は「犬の保護」や「女性の権利向上」を訴えるナイスガイも!? ブラックメタルバンドの素顔

林泰人
 近年、欧州で宗教右派や保守政党と衝突しているニュースが多発するブラックメタルバンド。コアな音楽ファン以外にはなかなか馴染みのないジャンルだが、これまで当サイトでは日本人バンドがトラブルに巻き込まれた経緯や、表現規制に通じる訴訟を紹介してきた。

歴史や伝統に根ざした、正統な“保守”バンドも

DSC_0538

訴訟や抗議に巻き込まれたポーランドのバンド・BEHEMOTHだが、強面な見た目とは裏腹に、リベラルなメッセージも多く発信している

「コープスペイント」と呼ばれる白塗りメイクで、反キリスト教的な歌詞を叫ぶ……。音楽ファンにブラックメタルについてのイメージを聞けば、概ねこういった答えが返ってくるはずだ。90年代初頭、ノルウェーの「インナーサークル」と呼ばれるブラックメタルバンドのメンバーや関係者が、教会への放火や殺人事件を起こしたため、いまだにジャンル全体がそういった印象で語られることは少なくない。しかし、それはあくまで氷山の一角。ブラックメタルの世界は、こうした事件が起きたあとも拡がり続けている。

「近年はメイクを施さないバンドも増えてきています。また、悪魔崇拝などのイメージが強いですが、“アンブラックメタル”というジャンルもあります。このジャンルのバンドはアンチ・サタニズムを標榜しており、神やキリスト教を崇める歌詞をテーマにしています。見た目は普通のブラックメタルと変わらずコープスペイントを施しており、曲自体もオーソドックスなブラックメタルサウンドなので、歌詞を見ないと気づかないことも多いです」

 そう語るのは『東欧ブラックメタルガイドブック』の著者であり、ポーランドを拠点にブラックメタルバンドとの交流を続ける岡田早由氏。メイクを施し、サタニズムを標榜している……。そんなステレオタイプなイメージとは真逆のバンドも多いのだ。

「人それぞれなので一概には言えないですが、私がこれまで出会ったブラックメタルバンドのメンバーは、オープンで気さくだったり、シャイだけど優しい人が多かったです。皆さんがどれくらい心の底でサタンを敬愛しているのかは測りかねますが、普通に接してくれる人がほとんどです(笑)。教会を燃やしたがったり、人を殺したがっているバンドメンバーには会ったことがありません」

 また、宗教的なテーマでも、反キリスト教なメッセージだけでなく、広義に「保守」とすら言える歌詞を歌うバンドもある。

「ペイガン・ブラックメタルと呼ばれるジャンルは、キリスト教伝播以前の土着宗教がテーマ。歌詞は自然崇拝や多神教など古代の神を敬う内容や、昔々の騎士の戦などにスポットを当てています。民族楽器などを取り入れているバンドもあり、フォーキッシュなサウンドを聴くこともできます」

 歌詞の内容も歴史文献を基にしたり、古代語を用いたりと、おどろおどろしいイメージとは裏腹に、かなり知的だ。

 また、歴史・政治・宗教といった外面でなく、デプレッシブ・ブラックメタルと呼ばれる自らの内面にフォーカスしたジャンルも存在する。

「絶望や鬱、自殺など、とにかく厭世的でネガティブな事柄をテーマにしています。泣き叫んでいるかのような金切り声や、ナヨナヨしたボーカルスタイルが多いです。鬱々とした反復リフがひたすら続く曲もあれば、どこか儚げで美しいメロディーが聴ける曲、さらにはシューゲイザー要素を取り込んだ曲など、バラエティに富んでいます。ライブで実際に自傷行為を行うバンドもいます」

 1000年以上前の土着宗教から、メンタルヘルスまで幅広いテーマを内包するブラックメタル。過激、暴力的というイメージばかりが先行するが、その中身は三者三様なのだ。

次のページ 
町会議員に当選する例も

1
2
4
5
関連記事
6
7