安倍政権とイスラエルの関係強化は国益か? ガザの「虐殺」を現場取材した日本人記者の違和感

志葉玲

たった1日で58人が死亡、2700人以上が負傷

イスラエル軍の催涙ガスから逃げる人々

イスラエル軍の催涙ガス弾から逃げる人々

 今年5月14日、在イスラエル米国大使館がエルサレムへと移転され、米国の特使として、ドナルド・トランプ大統領の娘イヴァンカ・トランプ氏が移転の式典で笑顔を振りまいていた、ちょうど同じ日のことだった。

 パレスチナ自治区ガザは地獄絵図のような状況となっていた。イスラエルによるパレスチナ占領および、米国大使館のエルサレム移転に抗議する人々に対して、イスラエル軍が情け容赦なく銃弾を浴びせたのだ。14日には、イスラエル軍の銃撃によってたった1日で58人が死亡、2700人以上が負傷するという大惨事となった(ガザ保健省、ロイター)。同時期に現地を取材していた筆者が、「虐殺」の現場をリポートする。

次々と銃弾に倒れる人々、窒息性の「催涙ガス」

筆者が取材中、イスラエル兵がこちらに銃を向けてきた!

取材中、イスラエル兵がこちらに銃口を向けてきた

 取材中、狙撃兵が軍用ジープから降りて来て銃を構えた。その直後、銃口が光り、こちらに銃弾が飛んでくる。目の前で、デモ参加者が次々と倒れていく。イスラエル軍の狙撃手は遠くから警告も何もなく突然に発砲してくる。誰が撃たれるかもわからない。しかも、イスラエルの狙撃兵が使っている弾丸は極めて殺傷力の高いものだ。

 現地で「バタフライ・バレット」と呼ばれる弾丸は、人体に命中した際、弾丸の先端がめくれ、体内の広範囲をえぐって骨を粉砕する。いわゆる「ダムダム弾」の一種で、その残酷さから国際人道法(ハーグ陸戦条約第23条)で使用が禁止されているものだ。ガザの病院で取材した被害者は、足にバタフライ・バレットを受け、足の骨が12cmも失われていた。このバタフライ・バレットのため、ガザでは足を失う人々が続出した。

 雨あられのように、イスラエル軍が撃ってくる催涙ガス弾も脅威だ。イスラエル軍の使用する催涙ガスは非常に強力で、まともに吸い込むと呼吸困難で意識を失ったり、最悪の場合は窒息死したりする。実際にガザのデモでは、そうした犠牲が相次いだ。

 その威力は「催涙ガス」というより毒ガスに近いものなのではないか、と感じた。ガスを直接吸い込まなくても、微粒子が目や呼吸器系に触れただけでも大変な苦痛を伴う。筆者も取材中、降り注ぐ催涙ガス弾を必死に走り回ってかわし、風上に回り込んだ。

次のページ 
日本にとっても他人事ではない

1
2
4
5
関連記事
6
7