ベトナム・ダナンにあるという、「ラーメン二郎」風ラーメンを食べに行ってきた

高田胤臣
来遠橋

ホイアンには日本人が1593年に造ったとされる「来遠橋」が今も残る

 さる筋によると、「この4月でベトナムの日本商工会議所の会員数はタイのそれを超えた」という話もあるほど、ベトナム投資熱がここ数年高まりつつある。

 確かに、ベトナムはインフラなど諸々がタイほどには整備されていないにしても、勤勉で几帳面なベトナム人は日系企業にマッチする部分が多い。市街地を見ても車より多く走っているバイクだが、飲食店などの駐車場では感心するほど整然ときれいに並べて駐車されている。これもベトナム人気質の一面だ。

 月収は平均で300ドルを割っていて、日系企業など外資勤めで500ドル水準。それでも例えば1食に500円も出すと豪勢な食事になるほどで、生活費はかなり安く、500ドルは高収入に当たる。

 ベトナムはハノイとホーチミンの2大都市に人が集まり、その分ベトナムにしては物価が高い。しかし、ベトナム第3の都市、中部のダナンですでに物価がその2都市とは大きく違う。そのためか、ダナンへの日系企業の進出も進んでいるという。

ハノイ、ホーチミンに続く第三の都市、ダナンの注目度がアップ

 ダナンは港湾都市で、人口は2017年で145万人レベル。2025年には200万人都市になるとされ、世界中から注目される投資先になっている。ジェトロが2017年3月にダナン市の衣・食・住をレポートした「ダナンスタイル」によれば『2016年12月時点で外資の投資案件は、登録ベースで449件、37億ドル。投資額1位はシンガポール、2位韓国、3位ヴァージン諸島(実質的にはアメリカ)ですが、実行された額では日本が1位』となっている。ダナンは横浜や川崎市などとも交流があり、またベトナム航空とジェットスター・パシフィック航空が直行便を就航させていて、より身近な存在になっている。今後もダナンへのジャパンマネー投資は続くと見られる。

ダナンはコンビニもほとんど見かけないほどの街であるが、これから伸びるとされる

 そんなダナンを歩くと、在住日本人のための飲食店などが見られる。ハノイやホーチミンにもリトル東京が形成され、日本人駐在員が通う居酒屋などがたくさん出ている。ダナンはこの2都市と比較すればかなり小さな規模ではあるが、国鉄ダナン駅からほど近いエリアには日本の居酒屋などがあった。

 普段日本で暮らしていると自分が日本人であることを意識することは少ないが、外国という異文化に身を置くと、当然と思っていたことがそうでなかったりしたときに「ああ、自分は日本人だ」と感じる。また、突然味噌汁や卵焼きなどの本当に普通の和食を欲している自分に気がつく瞬間もある。海外の和食店はこういった「和」に飢えた日本人の憩いの場にもなっている。

 そんなダナンのある居酒屋に足を運んだ。「花鳥風月」といういかにも日本的な名称で、この店があるグエンチータン通りはほかにも和食店や日本人向けのカラオケ・クラブ、日本人経営店が点在している、ダナンの「日本人街」になっている。

「花鳥風月」の外観は普通のベトナムの住宅で、店の内外で観察をしていたがそれなりに来客数はある。どうも2階に個室があるのか、在住の日本人はそこに集まって食事をしているようだ。数ある店の中でこのように選ばれているということは悪い店ではないのだろう。

 店主とおぼしき女性は日本語ができ、聞けば「花鳥風月」はつい最近までは日本人が経営に関わり、味の管理もしていたという。その人が日本に帰ってしまい、今は引き継いでいるベトナム人だけで営業しているのだとか。

次のページ 
ベトナム・ダナンで「ラーメン二郎」!?

1
2
4
5
関連記事
6
7