北朝鮮ハッカー部隊を「AI人材」として採用!? 次期ソウル市長候補が仰天提案

北朝鮮のハッカー部隊通称「121部隊」

 北朝鮮のハッカー部隊は通称「121部隊」などの名で知られており、韓国社会はそのサイバー攻撃によって少なくない被害を受けてきた。実は、韓国・文在寅大統領と北朝鮮の金正恩委員長が4月27日に板門店で歴史的会談を行った二日前にも、韓国の省庁に対して大規模なサイバー攻撃が加えられた事実が明るみになってもいる。  南北の融和ムードが本物なのか、定期的に行われる政治的ポーズに過ぎないのか、いましばらく見守る必要がありそうだが、前者ならアン氏の「北朝鮮ハッカーをAI専門家に登用する」という構想はとても興味深い。もちろん、他国からは道徳的な批判が相次ぐかもしれないが、メリットしかない両国にとっては気にもならないだろう。

北朝鮮は新産業革命の巨大な実験場になり得る!?

 アン候補はまた、歴史学者であるユヴァル・ノア・ハラリの著書「Homo Deus」に、北朝鮮が第4次産業革命の巨大な実験場になりうる可能性が示唆されているとして、その将来にも期待感をあらわにした。 「自動走行車を導入する際、他の国では制度を一気に変えることができないが、北朝鮮はひとりの人間が決めるだけで次の日からすべてを変えることができる。北朝鮮が自動走行車の聖地になりうる可能性を見ている」(アン氏)  確かに先進国では新しいテクノロジーを導入する際に障害が大きい。そこには、法律や旧来のシステムとのすり合わせ、利権など、さまざまな要素がある。しかし、北朝鮮にはそもそも排除すべき古いシステムやテクノロジー、そして関連法制度がそもそもない。テクノロジー好きのギークたちにとっては、地球に残された数少ない“楽園”となるかもしれない。  今後、南北の接近をテクノロジー分野から見ていけば、政治や外交とは異なる視点が現れてくるかもしれない。 <文/ロボティア編集部 photo by daumdna via flickr (CC BY 2.0)> 【ロボティア】 人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』の著者・河鐘基が務める。https://roboteer-tokyo.com/
ロボティア●人工知能(AI)、ロボット、ドローン、IoT関連のニュースを配信する専門メディア。内外の最新技術動向やビジネス情報、ロボット時代のカルチャー・生活情報をわかりやすく伝える。編集長は『ドローンの衝撃』(扶桑社新書)の著者・河鐘基が務める。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right