アパホテルに置かれた本をアメリカ人男性が読んでみた

炎上騒動も知らなかった

 一連のオモテナシにやや面食らった様子のJさん。「この国では毎日新しくて面白いことが学べるね」と冗談めかしていたが、後日直接会って感想を聞いてみた。 「何回も泊まっていたけど、本には一度も気づかなかったし、炎上騒動が起きていたことも知らなかった。こっそり置いてあるのは気持ち悪い。もし知っていたら、間違いなく泊まらなかったね。内容もデタラメだし、そもそもあんな本がホテルに置いてあることがおかしいよ。主義主張は勝手だけど、それをお客さんに押しつけるのはダメだと思う」  なかなか気づかなかったというぐらいなので、「押しつける」というのは言い過ぎかもしれないが、目立たないだけに本を見つけたときの衝撃は大きかったようだ。また、事前にグループ代表の主張を知っていたら泊まらなかったというコメントも印象的だ。どういった人物が経営しているのかというバックグラウンドも、消費者が何かを選ぶうえでは重要なようで、こういった面に関しては日本人よりも外国人のほうが敏感なのかもしれない。  また、日本は“公の場で政治の話をするのは御法度”というイメージが強いわりに、安らぎの空間に政治的な本が置いてあることもショックを受けた要因なのだという。  とはいえ、宿泊客は後を絶たず。昨年11月期には売上高が1000億円を超えるなど、アパグループが好調なことには変わりがない。また、同グループが主催する「アパ日本再興大賞」は、なんと内閣府より公益目的事業の認定を受けたのだという。こうした本や論文について、国のお墨付きどころか「支援」を得たのだから、ますます増加していく可能性もあるだろう。  ゴールデンウィークで賑わう今も、多くの外国人の利用者がいるはずだ。どれだけの人が本に気づくのか? また、はたして彼らが本を見つけたとき、どう思うのか? Jさんからのメッセージが届いて以降、ついそんなことが気になってしまう。 <取材・文/林泰人>
ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right