アパホテルに置かれた本をアメリカ人男性が読んでみた

林泰人
「なかなかいい料金だったから、アパホテルに泊まることにしたんだけど、部屋に妙な本があって……」

本当の日本の歴史

アメリカ人男性が驚いた本の内容とは

 そう筆者に相談してきたのは、日本在住のアメリカ人男性Jさん。アパートの契約更新で、一時的にアパホテルで過ごすことになった彼は、困惑した様子で『本当の日本の歴史 理論 近現代史学Ⅲ』と書かれた本の表紙をメールで送ってきた。

「何度も泊まっていたけど気づかなかった」

 実はこの本、アパグループ代表の元谷外志雄氏が、藤誠志のペンネームで書いたエッセイをまとめたもの。アパグループのリリースによれば、「特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの」だそうだ。昨年1月には、同シリーズの2作目が南京事件を否定しているとして、米国人女子大学生Katさんと中国人男子大学生Sidが告発動画を中国のSNS「微博」に投稿。2日で6800万も再生されるなど炎上したことは記憶に新しいだろう。(参照:「ITmedia news」)

 Jさんから「ナショナリストのプロパガンダだ」という穏やかでないメッセージが送られてきたので、筆者もすぐに炎上騒動を思い出した。しかし、Jさんが気になったのは南京大虐殺ではなく、他の部分だったようだ。

「『理想主義的な世界観を捨てて、レーザー砲を開発するべき』だって? イカれてるよ。しかも、アメリカが帝国主義だっていう内容なのに、なんでわざわざ英語で書かれているんだろう?」

 同著は片面が日本語、反対側が英語になっており、すぐに該当部分の日本語版の写真が送られてきた。見るとたしかに、戦争抑止力として最先端科学兵器のレールガンやレーザー砲の開発を進めるべきだ、という内容が記されている。内容の是非はともかく、たしかにホテルに置いてあったら戸惑ってしまうのも仕方ないだろう。

「これまでも何度かアパホテルには泊まったことがあるけど、せいぜい聖書や仏教関連の本があったぐらいで、こんな本が置いてあることには気づかなかったよ。そもそも、ホテルに政治的な内容の本があること自体にビックリした」

 そうJさんが語るように、グループ代表の政治的主張やそれをまとめた本など、知らずに泊まっている人がほとんどだろう。実際、新宿エリアのアパホテルを数軒回ってみたが、炎上騒動があったにも関わらず、中国語で談笑する宿泊客は数多く見られた。

 そのほかにも、Jさんからは立て続けにアパホテルについてのメッセージが届いた。新居が決まるまでホテルをハシゴする生活を続けているが、よほど印象に残ったようだ。

メッセージ

せっかくの「オモテナシ」も、皮肉のこもったメッセージが送られてきた

ウェルカムドリンクでストロング系チューハイを勧められたんだけど、“本の内容”が入りやすくなるように配ってるのかな? ずっと日本語で話していたのに、そこだけ英語で『これは日本のスペシャルなお酒です』って自慢げに説明されたよ」

 なかなかユニークなおもてなしだが、残念ながら、Jさんは断酒中で断ってしまったそう。勧めてきた従業員は「でも、スペシャルなんですよ……」と少し残念そうにしていたという。

次のページ 
知っていたら泊まらなかった

1
2
4
5
関連記事
6
7