「いいね!」はカネで買える。“インフルエンサー”本人が業界事情を話します<2>

インプレッション率まで見ていない企業にも原因がある!?

 例えば、あなたが誰かをフォローするときは、こういうことはありませんか? ・「いいね!」の数が多い投稿をSNSで見つける ・過去の投稿を遡り、「この人は面白い投稿があるし、『いいね!』の数も多い」と確認する ・気になってフォローする  そんなことをいうと「フォロワー数だって一緒じゃないか」と思う方もいるでしょう。  ただ、当然ながら偽フォロワーがたくさんいるよりも、“生きたフォロワー”がたくさんいるインフルエンサーのほうが遥かに広告の稼働率(インプレッション率)は高いです。  しかも、“生きたフォロワー”は投稿を拡散してくれるため、さらなるフォロワーを呼ぶことができます。  特にTwitterはそうです。偽のフォロワーが多いインフルエンサーは、結局生きてないTwitterアカウントなのでフォロワーの数字が大きくてもインフルエンサー個人の力のみが頼りになっていきます。  ご存知かと思いますが、Twitterには「リツイート(RTとも言います)」という拡散機能があります。インフルエンサーのフォロワーが記事を拡散したことでそのフォロワーのフォロワーがさらに拡散し、インフルエンサーが自力で叩き出す数字よりも、はるかに拡散力が大きくなることがあります。  インフルエンサー個人の力だけではなく、フォロワーを巻き込んで拡散していくほうが効果的だと思いませんか?  まぁ、そのRTも実は買えるのですが……(笑)。 「自己顕示欲の塊」「見栄張り」という見られ方もあるかもしれませんが、インフルエンサーが仕事のために、しかたなく買っている場合もあります。  それはPRをお願いする側の企業が表の向きでしか数字を見れないため、偽のフォロワーが多いインフルエンサーに仕事をお願いしている現状もあるからです。企業が、広告の稼働率(インプレッション率)まで目に届いていないのが一つの原因だと思います。  フォロワーが1000人でも広告の稼働率(インプレッション率)がいいのに、企業はその人に仕事を振らないわけですから。インフルエンサーも自分の生計に関わってくるため、一概に「見栄張り」とは言えないのではと思うときがあります。ケースバイケースということになりますね。  次回は、「本当に強い影響力を持つインフルエンサーの言動」について紹介したいと思います。 <文・桂華> 【桂華】 キャスティング事業などを行う「りゅばんないと」代表。フリーモデルとして、写真集「密会」などへの出演も行う。スペインとフィリピンハーフの母と、日本の父を持つ。ツイッターは@keika_pt17、インスタグラムは@keika_o0
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right