カナダ首相とのトップ会談を公開したコスタリカ次期大統領の“就任前戦略”

 国のトップ同士が“直電”で話す映像が公開され、話題を呼んでいる。来月就任する中米・コスタリカのカルロス・アルバラード次期大統領が、カナダのジャスティン・トルドゥー首相から受けた祝意を伝える電話だ。就任前の挨拶とはいえ、トップ会談の模様があけすけに公開されるというのは異例のことだ。

コスタリカはカナダの“あれ”を早速マネする!?

カルロスアルバラード

カナダのジャスティン・トルドゥー首相と電話で談笑する、コスタリカのカルロス・アルバラード次期大統領

 公開された映像はおよそ5分半。オフィスの椅子に座るアルバラード氏が、机の上に置いたスマホをスピーカーホンにしてトルドゥー首相と歓談する様子がネット上で公開されている。映像はトルドゥー首相に取り次がれるところから始まり、別れの挨拶で終わる。

 トルドゥー氏は冒頭「ハロー、カルロス!」といきなりファーストネームで呼びかけた。

「ごきげんいかがですか、首相?」と返したアルバラード氏に「ジャスティンと呼んでください」と答え、冒頭からざっくばらんなムードに。米州機構加盟国ではジャマイカのアンドリュー・ホルネス首相(45歳)に次いで二番目に若いトルドゥー氏(46歳)は、同機構で最年少となるアルバラード氏(38歳)の就任にあたり、「強く若いリーダーの誕生」を歓迎した。

 続けて、アルバラード氏は「カナダでは内閣のジェンダー比率を五分五分にしていますね。コスタリカでも史上初めて同じことをやろうとしています」と宣言。トルドゥー首相が男女半々で組閣したニュースが世界で反響を呼んだことを念頭に置き、後に続くことで注目を集めようという魂胆だ。就任前から如才なく話題作りに励むアルバラード氏の外交は、就任前から始まっているというわけだ。

 トルドゥー氏も、「コスタリカはラテンアメリカや西半球で常に人権分野での先例となってきました。ジェンダー・イコール内閣はそれをさらに押し拡げるものとなるでしょう」と歓迎。同じ政策を持つ国が増えれば、国際社会での発言力も増すので、互いにとって利益となるからだ。

 これは国内的にも重要な意味を持つ。同姓結婚を認めるか認めないかが、今回のコスタリカ大統領選挙の重要テーマのひとつだったからだ。この発言で、ジェンダー政策を進めるというメッセージを国内に送ることにもなったのである。

次ページ両首脳の会話映像公開の戦略的意味は?


丸腰国家

コスタリカが中米という不安定な地域で軍隊を持たずにやってこられたのはなぜなのか?「理想」ではなく「現実」のもとに非武装を選択した丸腰国家コスタリカの実像に迫る。

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由