お金がない人の部屋には3つの共通点があった! 専門家が指摘

伊藤勇司
CCC9V9A9993_TP_V

お金が貯まらない、俗にいう”貧乏神が取りつきやすい人”の部屋には共通点があった!?

 こんにちは。空間心理カウンセラーの伊藤勇司です。

 部屋と心の相関性に基づいた、片付けやお部屋づくりのアドバイスをさせていただいております。

 以前、雑誌取材を頂いた際の雑談で「貧乏神が取り憑く部屋の特徴って、あったりするものでしょうか?」というご質問をいただきました。今日はその時にお答えしたことを、記事として書いていきます。

 せっかくなのでまずは、貧乏神についてを詳しく見てみましょう。

《貧乏神とは》 ※wikipediaより抜粋
 取りついた人間やその家族を貧困にする神。
日本各地の昔話、随筆、落語などに名が見られる。基本的には薄汚れた老人の姿で、痩せこけた体で顔色は青ざめ、手に渋団扇を持って悲しそうな表情で現れるが、どんな姿でも怠け者が好きなことには変わりないとされる。
 家に憑く際には、押入れに好んで住み着くという(以下略)。

 ここからは、片づけ心理研究家の立場から貧乏神について考察したいのですが、実を言うと部屋が片づかないと悩む方の多くは“何らかのお金の問題”を、抱えているケースが少なくありません。

《片づけ心理研究家の立場から見た貧乏神とは》
・お金に困っている
・多額の借金がある
・お金にトラウマがある
・お金は入ってくるけどすぐに出て行って手元にない
・いつも自転車操業
・貯金がない

 などなど。金銭的な問題があることで頭の中が混乱するあまりに、物理的に片づかない状況が生み出されているケースが少なくないのです。

 それらのケースを振り返りながら、“貧乏神”が取り憑いているような雰囲気を醸し出す家に共通していることを、3つの特徴にまとめて見ました。

●特徴1 臭い匂いがする家
 家の中で何とも言えない匂いがするような部屋に住んでいる方は、何らかの金銭トラブルを抱えているケースがとても多かったです。ちなみに、足臭い・汗臭い・胡散臭い、という3Kは、金運を逃す大きなポイントとも言われていますね。異臭まではいかなくとも、匂いに無頓着な人ほど、お金の縁が遠のいているケースが多いものです。

 逆に言うと、お金持ちほど、匂いに敏感で、部屋にアロマを焚くなどの、香りを意識しているケースが非常に多いのです。

●特徴2 湿気が多く部屋にカビがある
 ジメジメと陰気臭く、部屋(特に窓縁など)にカビが生えてる家に住んでいる方は、お金に困っているケースが多かったかもしれません。基本的に空気の循環がないような感じで、どんよりとした空気感を醸し出しているのが、お金の循環にも関係しているような雰囲気。

 これは飲食店などにも共通することですが、ジメジメ、ベタベタして、陰の空気が流れる空間は、貧乏神は住み良いのかもしれません。

●特徴3 部屋と人との関わりが希薄な家
 これは表現を変えると、部屋に人の温もりがない家です。

・家にほとんどいない
・家を粗末に扱っている
・家に愛着がない

 そんな人が住む家ほど、お金のトラブルのみならず、泥棒に入られたりなどの、何らかの災難を呼ぶケースが多かったです。

次のページ 
“貧乏神”は取りつくのではなく、自分自身がなるものである

1
2
3
4
5
関連記事
6
7