<現役愛人が説く経済学29>富裕層男性ほど愛人とは「コト消費」を好む傾向

デキる富裕層ほど愛人に現金を渡したがらない

 こんにちは。東條才子と申します。ごく普通の金融系OLと並行して、富裕層男性を対象に「愛人ビジネス」を展開しているものです。

 前回は「不動産王に3億貢がせた『共犯関係マーケティング』」と題しまして、男性と共犯関係を築くマーケティング手法をご紹介いたしました。多額の利益を得るには、ときにクライアントから冷静さを失わせることも必要なのでございます。

 前回、登場していただいた不動産会社社長のBさんは、1人の愛人と別れる際に3億円という大金を与えました。彼の事業規模を考えますと、決して赤字を招くような金額ではございませんが、常識的には大変な金額です。本妻からすれば「愛人に3億円あげるなら、私に使ってほしい」と思われるでしょう。

 愛人には、男性から金銭を授受しているイメージがあります。私の愛人ビシネスでも金銭的な利益をあげることが第一の目的なのですが、実は愛人サービスの対価として「金銭(現金)」をいただくのは非常に難しいのです。それこそ、冷静さを多少失っていただかないと現金はいただけません。

 大きな理由は、愛人を求める富裕層男性にとって、現金のコストパフォーマンスが悪いからです。私が見てきたケースでは、年収が億単位の男性でも、愛人に数千万の「現金」を注ぎ込むことはほとんどありません(一部はもちろんございますが、簡単に与えることはありません)。

 そのかわり、高級ディナーや旅行、マンションなどを買い与えるケースをよく目にします。

 お金持ち男性が、愛人に現金を与えない理由はとても簡単です。まずは「会社の経費」や節税にならないから。彼らは合理的な思考をしますから、どうせ貢ぐなら経費になるものがいいと考えるクセがあります。

 不動産や、金品などの装飾品といったモノをプレゼントすることは比較的理にかなっておりますが、現金はよほどの粉飾決算でもしないかぎり、経費にできません。愛人に与える経済的なメリットが薄いのです。

次ページ金持ち男性は「コト消費」をしたがる


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由