元財務省勤務経験から見る「公文書改ざん」問題。東大・財務省・ハーバードを経た山口真由氏が語る

山口真由プロフィール画像

山口真由氏

 昨年からさんざん国会を躍らせた森友問題は、ついに財務省による文書改ざんという第二幕を迎えた。この複雑怪奇な問題の中で、今回は、文書の改ざんに焦点を絞って、今後はどうしていくべきかのかについて、私の経験をベースに考えてみたい。

フォント違いすらも指摘された財務省時代

 財務官僚として働き始めてすぐに、「公文書」の重さというのは、身に染みて学ばされた。財務省に入省するとまず言われるのは、「呼ばれたらすぐにメモとペンを持って走れ」ということ。指示だろうと、電話だろうと、メモや応接録の形で記録し、上司へと情報伝達する。決済の過程で、上司は、そこに書かれた一言一句をなめるように読み、「てにをは」レベルまで細かく修正する。

「MS明朝の書体の中に、数文字MS P 明朝が混ざっている」という理由で、内容まで読んでもらえずに突き返された経験もある。細部まで神経を尖らせなくてはならないという文書に対する意識は、入省時から体で覚えさせられる。

 もっとも、公文書になんでもかんでも書き込んでおく習慣は、なかったように思う。経緯に出てくる政治家の情報は、それが圧力や忖度を喚起させるようなものでなくとも、業務を運営するうえで大事なものではある。だが、これは公文書に残すのではなく、メモなどの形で記録しておくのが常識とされていた。

公文書を捨てたという不自然さ

 森友文書の問題の関連では、公文書の廃棄が問題となった。約1年前の国会で、森友学園と近畿財務局との間の交渉記録を

「面会等の記録につきましては、財務省の行政文書管理規則に基づきまして、その保存期間は一年未満とされてございます。具体的な廃棄時期につきましては、事案の終了とする取り扱いをしてございますので、本件につきましては、平成28年6月の売買契約締結をもって事案が終了しているということでございますので、即日かどうかは別にしましても、6月20日が終わったところで記録は廃棄しているということでございます」

 と、当時の佐川理財局長が答弁し、それが大きな批判を巻き起こした。

 この国会答弁自体は、確かにいかにも不自然だった。森友学園に売却した土地については、当初から地下1.5~3mの層にごみが埋まっていることが確認されていた。さらに、学園側が工事に着手したところ、新たに地下3.8mからごみが発見された。学園側は、2016年3月には、近畿財務局にこれを通知し、さらに損害賠償請求をちらつかせた。国側は、損害賠償請求はなんとしても避けたかったのだろう。だからこそ、ごみ撤去費用としていわゆる8億円の値引きと引換えに、国側は土地に関する瑕疵担保責任の一切を免除されて、売却契約締結以降は損害賠償請求を負わないとする異例の特約を入れ込んだ。つまり、破格の値引きと引き換えに、事後何があろうと文句を言わないという約束を、森友学園側は飲んだのだ。

 こういういわくつきの土地について、その後、学園側が何かを言ってくる可能性に備えて、交渉記録を残しておきたいと思うのは、一般的な常識だろう。損害賠償請求をされれば、瑕疵担保責任を免除する特約と同時に、それを入れ込んだ背景たる交渉記録を示す。それは水戸黄門の印籠さながらの力を持つはずなのに、それをむざむざ廃棄するなんて何とも腑に落ちない。

公文書を雑に扱われないためには何が必要か?

 森友問題で明らかになったのは、公文書が何とも粗雑に扱われていたという事実だ。文書改ざんはもちろん許しがたい。しかし、この問題が国会で大きく取り上げられる以前の2015年6月頃にも、近畿財務局が学園に示す文書の一部を抜いていたというのだから、公文書の扱いに関する信頼は取り戻せそうにない。

 ただ、私が知る限り、公文書がすぐに捨てられ、または、雑に扱われていたかというと、決してそうとも言えないように思う。公文書管理法が成立したのは2009年だが、それに遡ること、2000年には各省の次官が集まった各省庁事務連絡会議で、「行政文書の管理方策に関するガイドラインについて」という申合せが各省に伝達された。この別紙には、文書ごとの保存期間が明示され、これをもとにして各省での公文書の保管が強化された。

 私の在職時は、毎年、「租税条約関連」「税制改正関連」など、長期保存の文書を明示して保管簿に登録し、基本的に1年から数年の間は、オフィスのキャビネットに保管する。それ以降、日常業務に使用しなくなったものは地下の書庫に保管、そして、1年に1度は文書課という文書管理の取りまとめ課から送られてくる文書管理簿に従って、ファイルの有無を確認していたという記憶だ。

次ページ執念ともいえるアメリカの公文書管理


ハーバードで喝采された日本の「強み」

東大首席元財務官僚が学んだ、ハーバード白熱教室の実態!

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由