ZARA、MANGOに続く第三のスペインブランド「DESIGUAL」、アジアの中では日本市場での販路拡大を期待

個性的なデザインだが、日本での販路をさらに拡大できるか? photo by Herry Lawford via flickr(CC BY 2.0)

スペインのアパレル業界のトップはZARAを傘下に収めているグループ企業インディテックス(Inditex)である。その次に続くのが、90年代前半までZARAと対等に競っていたカタルーニャ生まれのMANGOが続く。その後に同じくカタルーニャで1984年に誕生したDESIGUAL(デスイグアル)というブランド企業が存在しているのをご存知だろうか?

 ロゴマークでは「S」を逆に書いたようになっているこのブランド名は「同じではない(It’s not the same)」という意味をもってつけられたネームである。スイス人のクリスチアン・メイヤーとトーマス・メイヤーの兄弟がバルセロナで設立した企業である。

 日本での知名度はさほど高くはないものの、自営店とフランチャイズ店とで世界100か国に店舗を構えており、2017年の店舗数は515店で自営409店、フランチャイズ106店となっている。そして、実はその内の20店舗がデスイグアルの自営店として日本に出店している。(参照:「El Economista」)

 実はこのブランド、アジアの中では日本市場の販路拡大を一番期待しているのだという。その背景には、デスイグアルが直営店を開設する以前から、このブランド商品を日本に輸入し販売に取り組んでいたLTNという小規模なアパレル商社の存在がある。これからも同社の協力も得て販路の拡大を期待しているわけである。同社の存在もあって、日本市場は安心して商売できるといわけである。

 また、同ブランドが全世界的にセール初日に行う「セミネイキッドセール」は、「seminaked(=半裸)で来店すると好きなアイテム2点を無料でもらえる」というヨーロッパのパリピ的なノリながら日本のメディアなどでも注目されつつある。

カラフル過ぎるデザインはウケるか?

 デスイグアルはもともと日本で直営店かフランチャイズ店を開設するというのが販売戦略の基本であった。しかし、日本市場での販売がZARAなどと比較して伸展が遅いというのは、同社のカラフルなデザインが日本市場で受け入れられにくいという要因がある。

 世界のアパレルブランドが溢れている日本市場で、デスイグアルのカラフルなデザインはどうしても少数派を対象にした市場になってしまうということから知名度はまだ低い。

 欧州市場ではそれなりのポジションを築いている同ブランド、現在は4500名の従業員を抱えているが、順風満帆というわけではない。しかし、2014年の売上9億5350万ユーロ(1240億円)をピークに、その後売上が落ちている。昨年は7億6100万ユーロ(930億円)だった。粗利も2014年の2億6150万ユーロ(340億円)から昨年は1億1900万ユーロ(155億円)という結果になっている。昨年の経常利益も僅か4700万ユーロ(61億円)に留まっている。

 売り上げ後退の要因としては、ヨーロッパの景気の低迷とブランドの特徴であるカラフルデザインにも市場で飽きが生じていることが挙げられる。

 ただ、2014年にフランスの投資企業Eurazeoグループがデスイグアルの10%の株を購入しての資本参加もあり、2015年から5年プランを基に業績の回復に店舗の刷新などを行っている。(参照:「El Confidencial」)

 刷新プランとしては、今年1億3000万ユーロ(169億円)を投じて店舗の刷新するほか、50店舗を新たに開設する予定になっている。また不採算店舗の閉店も行っており、昨年は64店舗を閉鎖している。

 そのため、今年から売上は上向きになると経営陣は見ているという。

次ページデザイン模倣の批判も……


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由