欧州に広がるAmazon労働者の反乱。今度はスペインAmazonで「父の日」後の2日間、全面ストに

スペインAmazon

 楽天もアマゾンのスペインでの販売力の前に太刀打ちできないと判断してスペインから撤退したが、そのスペイン・アマゾンに重大な問題が生まれつつある。

 社員が給与と労働条件に改善が見られないとして、ドイツ、フランス、イタリアのアマゾンの後を受けて3月21日と22日の二日間ストライキを敢行することが決まり、配送される荷物の出荷をすべて阻止する構えだ。それは注文殺到する3月19日の父の日を睨んでのストである。

正社員の4分の3がスト敢行に賛成

 アマゾンは現在スペイン国内10カ所にロジスティック配送センターを持っている。今回のストを予定しているのは、2012年に出来たスペイン・アマゾン最初のロジスティック配送センターである。

 この配送センターはマドリード市内から14km離れた人口4万人の都市サン・フェルナンド・デ・エナレス(San Fernando de Henares)にあって、77000平米の広さを持った配送センターで、社員は契約社員を含めて2000名(正社員1100名と契約社員900名)というスペインでアマゾンが持っている最大規模の配送センターである。

 会社側はこれまで社員に昇給や労働条件の改善などを約束してきた。しかし、現実は逆に給与は凍結され、労働条件も悪化しているという。

 労働条件が年々悪化し、過酷な労働を強いられているとして4つの労働組合が音頭を取ってスト実施に賛成か反対かの投票をした結果、正社員の74%がスト敢行に賛成票を投じたことから、3月21日と22日の二日間48時間の全面スト>の実施を決めたのである。(参照:「ABC」)

 この配送センターが2012年にスタートした時の社員は僅か40名であった。それが今、2000名の社員を構えるまでに成長している。

 しかし、この配送センターの社員は会社側に対し不満が鬱積しているという。労働協約は2016年12月31日で切れているが、それが切れる前から17か月間組合側と会社側とで就労改善の交渉が進められていた。が、会社側はこれまで言葉では改善の姿勢を示しているが、具体的にその改善は見られず、寧ろ労働条件などが逆に厳しくなっていると組合側は指摘している。(参照:「ABC」)

 そこで組合側ではこの交渉は3月1日をリミットとして、それまでに会社側から具体的な改善の提案が提示されない場合は社員と相談してストを敢行するか否かを決めるとしていた。結局、会社側からの具体的な提示はなく、今回のストの実施となったものである。

ブラックなアマゾン側就労条件

 会社側が提示している就労条件では、病気による欠勤の場合、これまで100%の賃金が保障されていたのを75%に削減され、夜勤の残業手当もこれまでの賃金から20%の削減、祝日と平日の出勤特別手当はそれぞれ75%と50%と減額にするとなっていた。また、当初、4週間の勤務につき1回の週末休暇が取れるとしていたのを会社側は5週間の勤務につき1回の週末休暇にするとしたという。昇給の可能性はなく、会社側では業務にカテゴリーを設けてそれを満たさない場合は更に減給の対象にする方針であるという。(参照:「El Confidencial」、「ABC」)

 会社側の言い分としては、このように社員への支給額を減らす方向にあるのは、社員の病気による欠勤率が非常に高いということからであるという。

 更に会社の医師は、社員の病気を一つの共通した枠の中での病気と診断を下し、それぞれの患者に適切な診断そして治療をしないという傾向にある。その為、回復も遅い。また、患者も欠勤しても賃金は100%保障されているということでこれまで適切な治療をしないという傾向にあった。それが原因で病気からの回復が遅く、欠勤が増えるという傾向にある。そのため、会社側では欠勤などによる支給額の減額で一人あたり年間で2000~4500ユーロ(26万円~59万円)の経費の節約になると判断しているのである。(参照:「El Confidencial」)

次ページ労働環境改善は後回しの会社側に怒り爆発


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由