なぜアメリカ人は真っ青なケーキを平気で食べるのか? その理由がほぼ判明

とてもじゃないがアメリカの食品には食欲のわかない色が多い

 筆者はアメリカに住んで4年になるが、未だにどうしても理解できない現地人の感覚が2つある。

 1つは、シェイクにポテトをディップして「美味い」と頬を落とす、その味覚。そしてもう1つは、公共トイレに「蛍光ピンクのハンドソープ」を設置する、その色覚だ。

 日本では「衛生」や「安全」を表す色は、緑。それゆえ、公共トイレでは緑色のハンドソープをよく目にし、工場の床なども緑に塗られていることが多い。

 こうした先入観を引っ提げ、初めてアメリカのトイレのハンドソープディスペンサーをプッシュした際、「ようこそアメリカへ」と登場した“蛍光ピンク”に、安全どころか危険すら感じた筆者は、出した手を体のもとへ引っ込める結果に相成った。

蛍光ピンクのハンドソープ

アメリカのトイレに設置された、毒々しい蛍光ピンク色のハンドソープ

 このように、国にはそれぞれ独自の色彩感覚がある。

 今回は、筆者がアメリカで感じる、日本との「色に対する固定観念や感覚の違い」を多角的に紹介してみたいと思う。

 一概には言えないが、日本人には「色の深みや移り変わり」を、アメリカ人には「色の違いや組み合わせ」を好む傾向がある。

 日本では江戸時代、幕府が贅沢を禁ずる「奢侈禁止令(しゃしきんしれい)」を発令する中、庶民によって「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」なる繊細な色彩感覚が生み出された。

 鼠色や茶色など、限られた地味色の範囲でも、わずかな違いを楽しむ美的センスは、現代の日本人にも、しかと受け継がれている。

 一方のアメリカには、多種多様な移民が個人主義のもと生きているため、「私を見ろ」といわんばかりの明るく眩しい色が、街のそこかしこに溢れている。

 人気店のディスプレイに並ぶ“蛍光パステル色のカップケーキ”に、「どれにしようかな」と食欲をぶつけるアメリカ人の友人の隣で、茶色い部分を必死に探す筆者の腹中は、胃液を打ったように静まり返る。

 こうした「モノの色」に対する固定観念の違いは、他にも多くある。

 例えば、日本では「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」の7色と認識される虹は、アメリカでは「赤、オレンジ、黄、緑、青、紫」の6色。国や地域によっては「虹は2色だ」とするところまで存在するから面白い。

 太陽においては、日の丸の影響からか、赤で描かれることが多い日本に対し、アメリカの太陽は、黄金色か黄色が一般的だ。

 また、色そのものに抱くイメージも、国ごとにずいぶん違う。

 日本では、先に紹介した「緑」の「安全」や「清潔」の他に、「赤」には「情熱」、「紫」には「優雅さ」、「青」には「知的さ」といったイメージがなされる。

 それに対し、アメリカでは「緑」には「嫉妬」、「赤」には「警戒」、「紫」には「尊敬」や「喪失」、「青」には「卑猥」というワードが並ぶのだ。

 文頭で紹介した「ピンク」には、日本では「かわいらしさ」、「甘え」といった印象が強い。そのためか、成人映画のことを「ピンク映画」と表現するなど、“オトナ色”としても使われることがあるが、アメリカでは先に紹介した通り、その役目は「青」。ゆえに、「ピンク映画」も「Blue movie」と表現される。

 また、アメリカ人が抱く「ピンク」には、「健康」というイメージもあるため、英語の慣用句「in the pink of health」は、「健康そのもの」と訳されるのだが、初めてこのフレーズを聞いた思春期只中の筆者は、「ピンク」と「ヘルス」のコラボのせいで、これを“やらしさの極み”と勝手に解釈し、人知れず動揺していたことを、今でも時々思い出す。

次ページ日本独自の色彩感覚もまた、外国人を悩ます


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を抜けるも上値の重い展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では時間外の米10年債利回りの上昇を手掛かりにしたドル買いが入ったほか、5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけての買いも観測され、一時111.00円近辺まで値を上げました。もっとも、米長期金利が低下に転じたこともあって持ち高調整売りが入り、110.80円近… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由