世界同時株安は仕込みどき? じわじわ上げる中国株10選

 日経平均株価は1月に過去最多の16連騰を達成、アメリカ株も史上最高値を更新するなど、明るい話題が続いていた株式市場。しかし、2月に入ってアメリカ株の下落から日本でも株安となっている。実は中国株も同様、じわじわと上昇していたのだが現在は反落傾向だ。今回はそんな中国株をめぐる情勢と、オススメ銘柄10選をご紹介。

china

弱気? 強気? 思惑が交錯して上昇トレンドに!

「昨年は世界的な上げ相場でしたが、中国本土市場は急落相場後の回復が遅れていました。そこでPERが比較的低かった本土株に注目が集まり、国内外の投資家から買いが入ったのが、本土株好調の要因でした」

 そう語るのは、投資アナリストの田代尚機氏。中国本土の主要銘柄で構成されるCSI300指数は’15、’16年の大暴落以降は大きな下落もなく、1月まで右肩上がりを続けていた。田代氏は中国経済の現在をこう分析する。

「中国はリーマンショック後、景気対策を過激にやりすぎてしまい、素材産業を中心に設備過剰が深刻になり、環境破壊がひどくなりました。しかし、そうした負の遺産の解消が進んだことで’17年のGDP成長率が6.9%と7年ぶりに前年の伸び率を上回りました。香港市場の主要銘柄で構成されるハンセン指数は、上昇トレンドを形成していて年明け以降、過去最高値を更新していました。スマホや電子マネーなどの新しい産業が景気を支える一大産業に成長しており、見通しは明るいです」

 中国政府は投機に対し否定的な立場を取っているものの、田代氏は以下のように予想する。

「当局の政策は着実に景気に反映されます。バブル期のような高騰こそ望めないものの、一帯一路などの政策が形となって国家の成長が続く限りは、今後、株価は緩やかな右肩上がりをするでしょう」

次ページ初心者は本土市場よりもまずは香港


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は堅調

 昨日のドル円は、東京市場では先週末の米中通商協議で米国が中国への関税措置を保留したことを受け、ドル買いが進み一時111.06円近辺まで値を上げました。ドル買いの一巡後は利食い売りから一時110.95円近辺まで値を落としましたが、下値は限定的となりました。その後は、日経平均株価の120円超… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由