「ネット販売特化」の店舗ってどういうこと? ZARAがロンドンにオープンした新規店舗が未来過ぎる

白石和幸

photo: Courtesy of Inditex

 1月26日、ZARAが英国ロンドンのストラットフォード地区に、またしても新たな200㎡のスペースを持ったショップをオープンした。この店舗のオープンに際し、ZARAの親会社インディテックス(Inditex)のCEOパブロ・イスラは<「オンラインの世界を導入した我々のショップは戦略上のまた一つの前進だ」>と述べている。(参照:「El Pais」)

 パブロ・イスラは予てから、インディテックスは2018年から新しいコンセプトでショップを展開させて行く、ということを盛んに述べていた。それがこの、「また一つの前進」と言わしめるこのショップなのだが、果たして既存の店舗と何が違うのか? 実は、このショップは、「ネット販売」を対象にした店舗なのだ。

 ZARAがオープンしたこの新店舗、そこには支払いのレジも試着室も存在しない。ショーウインドーもない。その代りに壁面のガラスにはアパレルが映写されることになっているという。そして購入と決済は飽くまでインターネットを通して行ってもらうことになっているという。

まるでSF映画。未来型アパレルショップ

 さて、この「ネット販売」特化店舗、実際に利用してみるとどのような感じなのか? 各メディアの報道を元に、再現してみよう、

 お客が一旦、店内に入るとそのショップが消費者に訴えたい代表的なアイテムが展示されているのに気づく。お客はそれを見ることができる。店員はタブレットと携帯でお客からの相談をその場で受けて接客することになっている。そして、お客が気に入った服を更に詳しく見たい時には、店員がタブレットで総合カタログをお客に紹介することになっている。

 お客が気に入った服の全体像を見たい時にはREIDシステムを利用してそれを確認できる。そして、それにマッチする他の服やアクセサリーも同時に見ることができる。

 支払いはBluetooth決済ができるようになっている。購入した商品の発送は、午前中に購入を済ませた場合は、同日中に受け取れるシステムになっている。午後の購入だと、翌日配達される。お客自らが購入した商品を持ち帰りたい場合は引き渡し場所で2400コのパッケージを識別し処理できる能力を備えた小型ロボットが応対することになっているそうだ。(参照:「El Pais」、「ABC」、「ecommerce-news」)

 また、ZARAは、この200㎡スペースのショップがある場所に、1月29日から4500㎡の売場スペースを持った大型ショップの建設工事が開始し、5月の完成を目指しているという。英国の旗艦店となって登場することになっているそうだ。そこには、女性用、男性用、子供用のそれぞれアパレルコーナーが設けられ、この3つのコーナーに加えて今回初登場したネット販売専門コーナーが設けるられることになるのである。即ち、これからの広い売場スペースをもったZARAショップにはネット販売を専門にしたコーナーが設けられるということになるというのである。これが正にパブロ・イスラが昨年言及していたZARAショップの新しいコンセプトになるのである。

次のページ 
ライバルMangoは2000年からネット販売

1
2
4
5
関連記事
6
7