「人類が滅亡した時は保証なし!」――大丸が発表した驚きの計画とは?

 2017年に創業300年を迎えた大手百貨店「大丸」が驚きのプロジェクトを発表した。

 その名は「300年クローゼット」プロジェクト。なんと、大丸が顧客の品物を300年後の2317年まで預かるサービスだという。

 果たして、それは一体どういったものなのだろうか。

創業から300周年となった大丸。その驚きの計画とは――

徳川吉宗の時代から300年を経て生まれた「驚きの計画」

 大丸は1717年に京都で呉服店として創業。その後、1726年に大坂・心斎橋へと進出した。時は享保の世、江戸幕府の将軍は徳川吉宗で、関西では浄瑠璃・歌舞伎作者の近松門左衛門か活躍していたころだ。それから300年が経った2017年からは、創業300周年を記念して様々なイベントが実施されている。

江戸時代の大丸を再現した模型(大丸心斎橋店本館にて期間限定展示)

 その300周年記念イベントの目玉の1つが「300年クローゼット」プロジェクトだ。

 300年クローゼットプロジェクトでは、まず大丸(支店含む)ゆかりの「大切な品物」と、それにまつわる「エピソード」を募集。大丸による選考のうえ、品物とエピソードの一部を特別サイトで公開し、さらに2019年からは本店である大丸心斎橋店(しんさいばしみせ)本館に特設される「300年クローゼット」にて預かり、公開・展示もおこなう予定だという。

 大丸心斎橋店は現在2019年の竣工を目指して建替え工事の真っただ中。クローゼットが館内の何処に設置されるかなどは未定だが、大丸によると300年間の保管に耐えうる頑丈なものにするとのことで、災害や火災など様々な外的要因から商品を守るための特別な仕組みになるとみられており、その保管・展示方法なども注目される。

大丸の本店である心斎橋店(しんさいばしみせ)。現在は建物の外壁と内装の一部を保存しつつ建替え工事中だ(工事開始前に撮影)

 なかでもユニークなのは、300年クローゼット特設サイトにあるQ&Aコーナーだ。

 例えば「人類がほかの惑星に移住しないといけなくなったら?」との問いに対し、大丸は「人類が地球を離れたとしても300年後まで大丸の約束は続きます」としている。しかしその一方で、地球滅亡後にクローゼットを開ける保証はないといい「人類が滅亡したとしても品物に宿る想いは滅びません」とも述べている。

 300年後に我々の子孫がこのQ&Aを笑ってみていられると良いのだが――。

特設サイトの一部より

次ページ実はしぶとい老舗百貨店


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由