パンツ一丁でニューヨーク地下鉄に乗る行事に記者も参加してみた

集合場所で踊る参加者たち

集合場所で踊る参加者たち

 1月8日、ニューヨークの地下鉄で、毎年恒例の「ノーパンツサブウェイライド(No Pants Subway Ride)」が行われた。

 その名の通り、同イベントは、地下鉄でズボンを脱ぎ捨て、パンツ一丁(以後、パンいち)になるというシンプルなもの。

 一般の乗客に「どうしてそんな格好してるの?」と聞かれても、「ズボンを忘れて来ちゃったんだよ」、「このズボン、なんか着心地悪くてさ」と答えることと、地下鉄車内や駅構内では恥ずかしがらず、騒ぎ立てず、いたって普通の乗客を演じることがルールだ。

マスメディアの取材も毎年恒例

マスメディアの取材も毎年恒例

 なぜか毎年この日だけ見事にスケジュールが空くという縁により、同イベントも取材3回目。当日は例年以上に気温の低い中での開催だったが、今年も昨年を超える数の参加者や海外メディアが集まり、年々その規模を着実に大きくしている。

 発案者のチャーリー・トッド氏によると、真冬にパンいちになるということが、このイベントの唯一の目的だという。

 同氏に取材を申し込もうとしたところ、同イベントのウェブサイトには「プロ用のカメラを向けられるのは本意じゃない。いいからメディア関係者らも“パンいち”になれ(意訳)」との文言。彼らのクレイジー一直線な態度に敬意を表し、何を血迷ったか、今回筆者も取材3年目にして、現地の仲間を引き連れ、パンいちになることを決心した(またズルをして激短のショートパンツは履いたが)。

 集合時間は午後3時。ニューヨーク数か所のミーティングポイントに集結した参加者は、まだしっかりとズボンを履いている。彼らの年齢は実にバラバラで、下は2歳から、上は70代まで。男女比もほぼ半々だ。

 しばらくイベントの趣旨や注意事項の説明を受けると、一斉に地下鉄へ移動。各ポイントから同じ時間に乗り込み、各グループのリーダーが先陣を切ると、皆一斉にズボンを脱ぎ始める。

 最初はさすがのニューヨーカーでも羞恥心が勝るのか、うつむいて集団で移動しているのだが、ひと駅ごとに、新しい乗客が乗り込んできては笑いが起きる現象に快感を覚えていくと、徐々に単独で行動したがり始める。ニューヨークの地下鉄は、1度入れば、外に出ない限り一律料金のため、乗り換えは何度でも自由だ。筆者の仲間もひとり、またひとりと下車してゆき、違う電車に乗り換えていった。

次ページやがて車両内の“パンツ一丁”は記者だけに……


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円はこう着状態継続か

東京市場 前日のNY市場でパウエルFRB議長が「緩やかな利上げを継続する根拠が強い」と述べたことを受けて、日経平均が上昇したことを切っ掛けにドル円は一時110.76円近辺まで強含みました。 ロンドン市場 欧州勢参入後には円売りが一巡したことでドル円は110.11円近辺まで反落しました。また… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由