岸勇希氏のAmazonレビューを荒らしても、はあちゅう氏は喜ばない<北条かや>

「読む価値がない」ってレビューを書く人の目的は、ほぼ100%嫌がらせ

 自分もされたから分かるが、「読む価値がない」ってレビューを書く人の目的は、ほぼ100%嫌がらせである。っていうか営業妨害。自己満足。  中には「印税は全てはあちゅうさんへの慰謝料と、高橋まつりさんのご供養のために使いなさい!」と、ご丁寧に指導している人もいる。どう考えても、著作の内容には関係ないことだ。言論の自由はあれど、これはおかしいと違和感を表明する自由もある。私は「おかしい」と思う。  岸氏がやったことは、もし事実だとすれば最低だ。部下へのセクハラ、パワハラは、何があろうと許されるもんじゃない。  でも、だからといって岸氏が過去に出した書籍の評判をここまで著しく落とされ、ネット民にこき下ろされる必要はあるんだろうか。いや、ないだろ。  これは完全に、ネット民による「私刑」である。「はあちゅうさんに慰謝料払え!」とか、彼女への償いを求めるレビューも散見されるけど、そんな書き込みを見て、当のはあちゅう氏が喜ぶとでも思ってるんだろうか。その歪んだファン意識こそ、「頭おかしい」んじゃないか。  こんなことになるから、「そこまで制裁を加えなくてもいいだろ、そもそも告発したはあちゅう氏が悪いのでは」と、岸氏を“過剰に”擁護しようとする人も出てくる。それこそ彼女を悲しませることになると思いますけどね。  意気揚々とネットに低レビューを書き込む人たちは、その行為が憎しみの連鎖しか生まないということを、どこまで分かっているのだろうか。 <文・北条かや> 【北条かや】石川県出身。同志社大学社会学部卒業、京都大学大学院文学部研究科修士課程修了。自らのキャバクラ勤務経験をもとにした初著書『キャバ嬢の社会学』(星海社新書)で注目される。以後、執筆活動からTOKYO MX『モーニングCROSS』などのメディア出演まで、幅広く活躍。著書は『整形した女は幸せになっているのか』(星海社新書)、『本当は結婚したくないのだ症候群』(青春出版社)、『こじらせ女子の日常』(宝島社)。最新刊は『インターネットで死ぬということ』(イースト・プレス)。 公式ブログは「コスプレで女やってますけど
1
2
【※お詫び:記事中ではあちゅう氏と岸勇希氏が「和解したんですよね?」との表現がありましたが、著者の誤認でした。ご指摘を受けて当該部分を訂正しますとともに、深くお詫び申し上げます。】
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right