ZARAの下請けだったトルコ企業が倒産。従業員が給与未払いを訴えて取った「奇策」

「Change.org」のキャンペーン紹介より

 トルコには欧米のアパレルブランドを支える下請け企業が多く存在している。その中の一社である、従業員140名を雇用してイスタンブールに所在していた下請け企業「Bravo Tekstil」が昨年7月に倒産した。経営者が経済的問題を抱えていたようで、突如行方をくらましたのである。企業の倒産ということだけを見れば、この出来事は別に目立って注目を集めるほどのものではない。

 ところが、この企業の従業員はそれまで3か月分の給与を受け取っていないということと、同社の70%の製品はこれまでスペインのアパレル企業ZARAに納品されていたということから、彼らに支給されていない給与の支払いをZARAに要求したのである。

商品タグに賃金未払いの訴えを添えて納品

 そして、ZARAからの好意的な回答が得られないのを見て、彼らはあるアイディアを思いついて実行に移したのである。そのアイディアとはZARAのタグに次のメッセージを添えて小売店に納品することを開始したのである。

<「私はこのアイテムを生産した。これを買う人に告げる。私はまだ報酬を貰っていない。お願いです、ZARAに我々に給与を払うように言ってください」>


 これをソーシャルネットに載せた途端に、彼らの訴えに共鳴して既に29万8000人の署名が集まったという(12月13日現在)。彼らの目標は30万人から署名を集めることだというが、本記事が配信されるときにはすでに到達していそうだ。(参照:「Change.org」)

ブラック企業だったBravo Tekstil

 ZARA以外に、スペインのMANGOや英国のNEXTのブランド製品も生産していたBravo Tekstilの工場は、労働環境も劣悪だった。24時間操業で3交代制が敷かれていたというが、14時間勤務する場合もあったそうだ。にもかかわらず、従業員の3分の1の給与は1,700リラ(51,000円)で、最低賃金を幾分か上回る程度の給料だったという。ただ、「上級社員」はその2.2倍程度の給与を受け取っていた。(参照:「El Confidencial」)

 例えば、ジーンズのトレンドであるダメージ加工の際に施されるサンドブラスト(砂吹き)加工は、実は深刻な肺疾患の原因になるため、禁止されている国もある。しかし、Bravo Tekstilの従業員だったベゴ・デミールは<7年間の勤務中にTommy Hilfigerブランドのサンドブラストのジーンズの生産を担当していて片肺を既に無くし、もう一つの肺は珪肺(※結晶シリカ(ケイ酸)粉塵を吸入することで生じる職業性肺疾患)を患っている>そうだ。

 彼女の友達の中で103名は既に亡くなっているという。ZARAに賠償請求を訴えようとしても、ZARAが直接雇用した労働者ではないということで、その請求権利はないとされた。ならば、その下請け企業にその賠償を請求すべきであるが、その企業は既に存在しない。

 唯一、彼女にとって救いになっているのは、少なくともサンドブラスト・ジーンズの生産がトルコでも禁止されたことくらいしかない。

 また、別の従業員、アゼム・アトゥマカは生産機械の操作担当で4年前からこの会社に勤務していた。最近は給与の支払いが遅延していたり、半分の給与しか支給されなかったりしていたそうだ。しかし、職を失った現在、<二つの銀行ローン25,000リラ(75万円)の支払いが出来なくなっている>という。<孫を連れて歩道を歩く時も途中で反対側の歩道に移っている>という。<「何故なら、孫に店でチョコレートを買ってやりたいが、お金がないからだ」>と取材に答えた。

 従業員二人の例を挙げたが、給与の滞納で従業員の誰もが大なり小なり被害を受けている。(参照:「El Confidencial」)

「ファストファッション」というものが、このような労働者の犠牲の元に成り立っていることは知っておくべきだろう。

次ページZARAの大元「INDITEX」の見解は?


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

欧米の貿易摩擦は加速するか

先週金曜日(22日)のサマリ 東京市場  ドル円は小動きな展開でした。仲値に向けた買いから小幅に上昇したものの、仲値後には失速し110.00円前後を静かに推移しました。また、日経平均が後場に入ると、260円超安となったものの影響は限定的でした。 ロンドン市場 欧州勢参入後には調整的な円売り… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由