日経平均が近く3万円を超える! これだけの根拠

 バブル崩壊後の最高値を26年ぶりに更新した日経平均株価。巷では3万円台も見えてきたという声もチラホラ聞こえる。

お祭り

25年ぶりにお祭り相場がやってきた!

 ついに日本株が火を噴いた!

 11月9日、日経平均株価は大幅に値上がりし、バブル崩壊後の最高値2万2666円80銭を26年ぶりに更新したのだ。2万3000円まで突破したのだ。3か月で4000円近く値上がりとは、とてつもない上昇気流! この相場を“100年に一度”と評価するのが、歴戦のマーケットアナリスト・武者陵司氏だ。

投資ストラテジスト・武者陵司氏

投資ストラテジスト・武者陵司氏

「日経平均株価は16連騰という新記録を打ち立て、誰もが想像しなかった上昇を見せています。ここ10年余り、株価は“マイナスバブル”とも言うべき不当な割安状態でした。本質を見れば、3万~4万円に達するポテンシャルがあります」

【日経平均3万円台突入の予感】

【日経平均3万円台突入の予感】’80年代のバブル期とシンクロするように上昇する日経平均株価。バブル崩壊後の最高値を25年ぶりに更新した

 その背景には、爆上げで当然というほどのプラス要素ばかりがある。

「まず世界同時好況です。米国のGDPは前年比3%で増加中。ユーロや中国も伸びている。そして日本企業は過去最高の収益。国内経済を見ても、政策・政権は一貫しており、オリンピック需要などもある。盤石の体制ですね」

次のページ 
日経平均を牽引しているのは…

1
2
4
5
関連記事
6
7