日銀・黒田総裁の微表情からウソを見抜けるか? AI表情認識技術の可能性を探る

AFP=時事

 こんにちは。微表情研究者の清水建二です。

 本日は、表情認識AI技術を用いたウソ検知の可能性について考えたいと思います。私たちの表情を認識するAIの登場やその応用可能性が、昨今注目を集めています。

 この技術について私がコンサルしたり、メディアで意見を求められたり、関連記事を読む中で、「表情認識AIはいつの日か私たちのウソを見抜けるようになるのだろうか?」という疑問を多々耳・目にします。

 果たして表情認識AIは私たちの表情からウソを見抜くことができるのようになるのでしょうか?

 結論から言えば、表情認識AIが私たちのウソを直接見抜くことは難しいものの、間接的に見抜き、人間によるウソ検知調査―犯罪捜査や重要施設・空港の手荷物検査、入国審査、就職面接など―のサポートツールになるのではないか、と類推できます。

 なぜ、どのようにそう言えるのでしょうか?

表情認識AIを利用したウソ検知の可能性

 表情認識AIを利用したウソ検知の可能性を2つの研究から考えます。

 最初に取り上げる研究は、昨今国内のニュースでも注目を集めている日銀の黒田総裁の表情分析の研究です。この研究は、黒田総裁の記者会見の様子を表情認識AIを用いて分析し、重大な金融政策変更を行う直前の黒田総裁の顔には「怒り」と「嫌悪」表情の割合が高く、政策変更後の会見では「悲しみ」表情の割合が低下していることを発見したというものです。

 正確に言えば、この研究は黒田総裁のウソを見抜こうとする研究ではありませんが、方法論的にはウソ検知に転用可能です。

 なぜならこの研究は、黒田総裁の表情と政策に関わるこれまでの発言との相関、つまり、個人内比較を通じて、いわゆる政策発言時の表情グセを特定し得るからです。

 例えば、将来のある会見において黒田総裁が「政策変更を行わない。現状を維持する。」と発言したとします。しかしこの発言時の黒田総裁の顔にこの研究で明らかとなった「怒り」と「嫌悪」表情が同様の割合で生じれば、総裁の発言がウソである可能性にある程度の確からしさを持つことが可能となります。

次ページAIが検出したデータをどう扱うかが、人間の仕事


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由