北朝鮮の新型ICBM「火星15型」は米国本土に届く“核ミサイル”か? そのメカニズムと能力を分析

朝鮮中央テレビが放送した火星15型の発射の瞬間 Image Credit: KCTV

 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は2017年11月29日3時18分ごろ(日本時間)、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15型」を、北朝鮮西岸の平城(ピョンソン)付近から発射した。

 その日の午後、北朝鮮は国営の朝鮮中央テレビを通じ、”重大報道”として、「米国本土全域を攻撃できる新型のICBM『火星15型』の発射実験に成功した」と発表。翌30日には朝鮮中央通信なども大々的に取り上げた。

 公開された写真などから、この火星15型は、これまでに知られている北朝鮮のICBM「火星14型」とは異なる、新しいミサイルであることがわかった。そして、これまでより大きく重い弾頭――たとえば核弾頭――を、米国本土全域へ飛ばせるミサイルである可能性も高い。

まったく新型のミサイル「火星15型」

 火星15型の発射、飛行は日米韓などによって追跡され、それによると最高到達高度は約4500kmにまで達し、約960kmを飛翔して、発射から約54分後に日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下したとされる。

 ここ最近の北朝鮮のミサイル発射の例に洩れず、今回もまた、わざと高い角度で発射して高度を高く取り、その分飛距離を抑える“ロフテッド軌道”で発射された。しかし到達高度4500kmというのは、これまででもっとも高く、つまりより遠くへ飛べる、少なくとも火星14型より能力が向上した新しいミサイルであることは早い段階からわかった。

 ミサイルの専門家であるMichael Elleman氏、David Wright氏などは、もし通常の角度で発射された場合、飛翔距離は1万3000kmにも達すると分析している。これは米国の東海岸、すなわちワシントンD.C.やニューヨークにも到達可能ということを意味する。

 そして翌日に公開された写真から、火星15型は火星14型の改良型ではなく、まったく別の新型ミサイルであることが判明した。

 まず機体は、周囲の人やTEL(ミサイルの輸送、起立、発射ができる特殊車輌)などとの比較から、火星14型より一回りも二回りも大型化しており、また機体に合わせて弾頭部分も大きくなっている。つまり火星14型よりも、大きく重い弾頭を、より遠くへ飛ばせるミサイルだということである。

 なお、弾頭部分については、弾頭(核などの兵器と再突入体)がむき出しで載っているのか、それともフェアリング(保護カバー)に覆われた状態なのかについては、判別は難しい。全体の形状的には前者の可能性も考えられるが、表面の凸凹や、ミサイル搭載カメラからのものと思われる画像を見ると後者である可能性もある。いずれにせよ、火星14型などより大きな弾頭を搭載できることは間違いなく、また後者の場合は、多弾頭ミサイル(詳しくは後述)として運用できる可能性も考えられる。

 さらにTELも新型で、タイヤの数が火星14型で使われていた8×8の16輪の車輌から、9×9の18輪の車輌になっている。タイヤが増えればその分、より重いものを支えて運ぶことができるので、ミサイルが大型化しているということとも合致する。

 ちなみに、火星14型などのTELは中国企業から輸入したものと考えられているが、北朝鮮の報道では、火星15型のTELは国産であると伝えられている。

朝鮮中央テレビが放送した火星15型と、それを運んで発射するためのTELの写真。ミサイルは火星14型より大きく、そしてTELも大型化している Image Credit: KCTV

次ページ格段の技術進歩の可能性も


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は、一時109円台を上抜ける展開に

 昨日のドル円は、東京市場では米金利上昇を手掛かりに昨日の海外時間からドル買いが加速した流れを引き継ぎ、一時108.86円近辺まで値を上げました。もっとも、米10年債利回りの上昇が一服していることを受けて、ドル円も伸び悩み、108.80円前後をもみ合う展開になりました。欧米市場では、米10… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

新潟県知事の失敗は、愛人市場の最下層に手を出したこと

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

新年度ゆえのストレス。「気持ちの切り替え」はこんな視点でやってみよう

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由