“韓国版テラスハウス”番組の低俗さを、韓国メディアが批判!

安達夕

韓国のリアリティ番組「ハートシグナル」は日本のAbemaTVでも視聴可能

 HUFFPOST KOREAが、韓国と日本のテレビ番組の違いについて興味深い記事を掲載した。

 記事が取り上げた日本の番組は、「テラスハウス」。ご存知の通り、2012年からフジテレビが放送する恋愛バラエティ番組であり、前シーズンからはNETFLIX(ネットフリックス)と協力しネットを通じた世界配信も行っている。

 記事ではまず、「テラスハウスALOHA STATO(ハワイ編)」について詳細に説明をしている。初めて会う10代~20代の6人の男女が、一つ屋根の下で共同生活を行う。企画のようなイベントや台本もなく、カメラは淡々と6人の生活を追いかけ続けるのだが、男女6人の恋愛を軸にした人間模様がリアルに描かれる。その様子を芸能人たちが観察し番組を盛り上げる。

 韓国にも、「テラスハウス」に似たような恋愛バラエティ番組がある。初めてのシーズンを終え、次回第2シーズンの一般募集を行っている「ハートシグナル」という番組だ。

 この番組も「テラスハウス」同様、6人の男女が「シグナルハウス」と呼ばれる一軒家で1か月の共同生活を送るのだが、「テラスハウス」と違い、「好きになっても直接告白をしてはいけない」、「毎晩皆が集まり気になる相手にメールを送る」等の「イベント」が盛り込まれている。

 その様子を、やはりスタジオの芸能人たちが観察し、若人の恋愛の行く末を推理していくという番組だ。

 記事の視点で興味深いのは、日本と韓国、両方の恋愛バラエティ番組における登場人物たちの「描き方」の違いに関する指摘だ。

「テラスハウス」のハワイ版における最初の登場人物たちは、イラストレーターを夢見るローレン、母が経営するTシャツ屋で働く26歳のエビアン、アルバイトをしているナオミ、ハリウッドの俳優を目指しているユウヤ、家具職人の27歳エリック、ギターとウクレレが得意なユウスケの6人である。

 番組から家と車は提供されるが、普段の生活やデートのため出演者たちのほとんどはアルバイトをしている。

 彼ら彼女らの多くは「アルバイトをしながら夢の実現のために頑張っている」と自分を紹介する。社会的な羨望を集める職業の出演者はほとんどいない。

 学力や学歴を前面に押し出したりもしない。実家の資産や生活のバックボーンを聞く人もいなければ、知る由もない。すくなくとも画面の中の出演者は、お互いの身の上や社会的なスペックではなく、人となりの魅力に惹かれ合っているように見える。

次のページ 
“韓国版テラスハウス”のえげつなさ

1
2
4
5
関連記事
6
7