「おねだり機能」実装で男性陣を慄かせたティファニー。販売サイトを見てさらなる衝撃<北条かや>

北条かや

北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」【その6】

ティファニーECサイト

「おねだり」機能を実装して話題になったティファニーECサイト

「女性なら一度は憧れたことがあるはず」といわれる高級ブランド、ティファニー。そのティファニーが自社ECサイトで「おねだり機能」を導入し、「衝撃的」「恐怖だ」と話題になっている。特に男性陣からの反応が多いようだ。

 「おねだり機能」自体は、別に目新しいものではない。レディース下着のエメフィールや、国内最大の化粧品口コミサイト「アットコスメ」のECサイトではとっくに導入されているし、ZOZOタウンにも一時あったようだ。導入しては消えていった例も目立ち(ニッセンや夢展望など)、すでに「時代遅れ感」もある。

 ティファニーが今さら「おねだり機能」とは、クリスマス前の話題作りにしてはショボいんじゃないか……と思ったが、何の気なしにECサイトを見てみると、貯金箱やヨーヨー、はてはストローなど、「こんなものまで売ってるの!?」と驚かされる。これは、天下のティファニー様に提言すべき時が来ていると思う。

 ティファニーは、もはやティファニーそのものを売るべきなのだ。

「クレイジーストロー」約4万円

 早速だが、ラインナップを見てほしい。

スクリーンショット ペーパーカップに目覚まし時計、なんらかのオブジェくらいはまだ、ブランドとして価値があるのが分かる。が、三角定規や分度器、ヨーヨーやストローまで「ティファニー製」とは何事か。ティファニーのヨーヨーって、気軽に遊べませんけど。それとも、「こんなもの壊れても気にしませんわオホホ……」みたいなお金持ちにしか売らない戦略だろうか。

 お値段は、

・ストロー(正式名称:クレイジー ストロー) 税込38,340円
・分度器(正式名称:プロトラクター) 税込64,800円
・ハーモニカ(正式名称:同じ) 税込57,240円
・ヨーヨー(正式名称:同じ)税込45,900円

 などとなっている。デザインはすべて美しいが、もちろん気軽には購入できない。

次のページ 
もう「ティファニー」と書いた紙を売り出せばいいじゃん

1
2
4
5
関連記事
6
7