ロシアW杯参加のスペイン代表のユニフォームが「カタルーニャ共和国」風だとスペイン国内で物議

白石和幸

photo by adidas

 ロシアで開催される2018年FIFAワールドカップで着用するスペイン代表のユニフォームが遂に公表された。早速、それがスペイン国内で物議を醸している。カタルーニャ第二と第三共和国の国旗からインスピレーションを得たものだというのである。

 11月6日、スペインの各メディアは、ユニフォームを紹介する同時に、どの紙面も一斉にこのユニフォームへの批判を表明した。その一部紙面の記事の見出しを以下に紹介しよう。

●El Independiente:「アディダスが第三共和国を宣言した

●OKDIARIO:「ソーシャルネットワークは代表のユニフォームはゴミだとしてボイコットを要求

●OKDIARIO:「偽りではなかった。スペインは共和国のユニフォームでワールドカップに参加する

●El Confidencial:「パブロ・イグレシアスはスペインがロシアで着るユニフォームを称えた」(※パブロ・イグレシアスは政党ポデーモスの党首で、カタルーニャの独立に好意的姿勢を示している議員)

●El Boletin:「スペイン代表は共和国の人々を感動させるユニフォームできらめく

●El Diario:「ヘルマン・タッシュとアルフォンソ・ウシアは共和国を意味するスペイン代表のユニフォームに反対」(※ヘルマン・タッシュとアルフォンソ・ウシアは右派を代表するスペインのジャーナリスト)

●El Plural:「ワールドカップに共和国の代表ユニフォームを着せるアディダスをボイコットすることを要求

●El Periodico:「2018年ワールドカップ、スペインの共和国のユニフォームがネットで地震を起こしている

●La Vanguardia:「ワールドカップのスペイン代表のユニフォームは共和国の旗を思い出させる」(※El PeriodicoとLa Vanguardiaはカタルーニャの代表紙)

●El Mundo:「スペインは2018年ワールドカップのユニフォームを発表。共和国の旗でもって?

●La Marca:「スペイン代表、これは正に共和国のユニフォームだ

 何がそこまでスペイン人感情を刺激したのか。その理由を説明しよう。

次のページ 
新代表ユニの意匠が持つ意味

1
2
4
5
関連記事
6
7