【現役愛人が説く経済学10】愛人契約の失敗例 たとえデブハゲでも超富裕層は庶民の女に不釣り合い

東條才子

何事も、身の程を知るのが肝要である

 こんにちは。東條才子と申します。昼は普通のOL、夜は複数のお金持ち男性の「愛人」をしております。今回は、男性の皆さまにぜひ心に留めて頂きたい、愛人契約の「失敗例」をお話いたしましょう。

 前回は、「自分よりワンランク下」の相手をターゲットにすると愛人契約が結びやすいというお話でした。具体的には、お客様に対し、「こんな女性を愛人にできるなんてお得だ」と感じて頂く。さらには「互酬性の規範」として、「何かをもらったらお返ししないと居心地が悪くなる」人間の心理を利用し、ワンランク下の男性が支払える上限までのお金をたっぷりとつぎ込んで頂く、という流れでした。自分を売り込む「市場」さえ間違えなければ、愛人契約は簡単でございます。

 ただ、愛人業をやろうという女性が、あえて「ワンランク下」の男性を狙うのは難しいものです。誰しも、多少の夢は見たいものですから、イケメンとはいわずとも「爽やかなおじさま(年収2000万円以上)」を求めてしまうのもまた、自然なことでございます。

 しかし、主任クラスの中年男性が20歳のグラビアタレントを愛人にできないように、平凡なアラサーOLが、年商10億のイケメン社長から寵愛されることは絶対にございません。

 自分より「上」すぎる顧客を相手にしても、多くは相手にすらされませんし、長続きしないんですね。コントロールしやすいのは、圧倒的に「自分より下」の男性です。

 以前たまたま、ピラミッドの頂点クラスの超富裕層男性(50代)と出会ったときのことです。失礼ですが、彼は「ぽっちゃり体型」といいますか、かなり太っておられました。そのため、いくらお金持ちでも一流の美女からはモテないだろうと判断した私は、「これは独占契約へと持ち込めそうだ」と踏んだのです。しかし、結果は惨敗でした。

次のページ 
普通のOLにとって無難なターゲットの上限は年収2000万円程度の層

1
2
ハッシュタグ
4
5
関連記事
6
7