ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ騒動、被害者とのやり取りが情けなさ過ぎて驚愕

ワインスタイン氏が率いるワインスタイン・カンパニー制作のリアリティショー「Project Runway」は、2008年に“TV放送界のピュリッツァー賞”ともいわれるピーボディ賞をリアリティ番組として初めて受賞している真ん中がスピーチするワインスタイン氏。 photo by ANDERS KRUSBERG / PEABODY AWARDS via flickr(CC BY 2.0)

 大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ騒動に揺れるハリウッド。「ニューヨーク・タイムズ」紙と「ニューヨーカー」誌の報道をキッカケに、ケイト・ベッキンセール、エヴァ・グリーン、アンジェリーナ・ジョリー、グウィネス・パルトローといった大物女優たちが一斉に声を上げているのはご存知のとおり。

現在のハリウッドを形作った男

 今やそのほかの業界人にも飛び火し、社会問題にも発展しているが、そもそも渦中にいるハーヴェイ・ワインスタインとはどのような人物なのか? キャリアを振り返ると、「大物プロデューサー」という一言では片付けられない影響力を持っていたことがわかる。

 ‘79年に弟のボブ(彼もセクハラ被害を訴えられている)「ミラマックス」を設立すると、『セックスと嘘とビデオテープ』、『クライング・ゲーム』、『パルプ・フィクション』など、多くの映画賞を賑わせる作品を次々に輩出。’90年代のインディー映画ブームの立役者となった。

 クエンティン・タランティーノや、マイケル・ムーア、ケヴィン・スミスといったクリエイターを支え、‘98年にはプロデューサーとして『恋におちたシェイクスピア』でアカデミー作品賞を受賞。’05年には「ミラマックス」を去り、自らの名を冠した「ワインスタイン・カンパニー」を設立した。

 その後も『英国王のスピーチ』、『アーティスト』といったアカデミー賞作品を配給。新進気鋭の才能を育てながら、国内外の作品を次々賞レースに送りこんだワインスタインは、’90年代から現在に至るまでのハリウッドそのものを形作ったと言ってもいい存在なのだ。

 さらには貧困やエイズ、銃規制や医療問題にも積極的に取り組み……と、もはや超人。そんな人物がセクハラ常習犯だったのだ。しかも、そのセクハラはなんとも情けないものであった。

次ページ嫌がる女性に「何もしない」を連発


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は111円台を抜けるも上値の重い展開に

 先週金曜日のドル円は、東京市場では時間外の米10年債利回りの上昇を手掛かりにしたドル買いが入ったほか、5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけての買いも観測され、一時111.00円近辺まで値を上げました。もっとも、米長期金利が低下に転じたこともあって持ち高調整売りが入り、110.80円近… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

石原さとみではなく、あえて一般女性を愛人にしたがる金持ちの言い分

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

キンタロー。の「欅坂46モノマネ炎上」に、テレビの過剰なポリコレ化を見た

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

脱「何を言いたいのかわからない報告書」! 3分でできる読み手に伝わる報告書の極意

清水建二

清水建二

微表情学

叱られているのにヘラヘラしている部下を、さらに怒鳴ってはいけない理由

都市商業研究所

都市商業研究所

三越のライオンが「ねこ」に!?――猫の手も借りたい!デパートで増える「ねこ系アートイベント」

安達 夕

安達 夕

韓国で美男子のヌードを盗撮した女が逮捕。この件にフェミニストがキレて大炎上した理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由