“カジノ一辺倒のIR推進”は無意味! 訪日観光客問題を考える上での本質とは?

写真/Tristan Schmurr

 これからの訪日観光客を惹きつける観光の切り札としてIR(統合型リゾート)を推進しようとしている。IRとは、カジノ、会議場、展示場、アミューズメント施設、ホテルなど滞在型観光のための集客施設が一体的に整備・運営されるものいう。海外ではラスベガス、マカオ、シンガポールが有名だ。経済効果も大きく、カジノはIRの魅力を高めるための目玉施設になっている。政府もIRを推進するために、昨年末に「IR整備推進法(カジノ法)」を成立させ、総選挙後の国会にIR実施法案を提出しようとしている。そのための布石として、この夏には有識者による報告書も出され、具体化のイメージを提示している。

 そこでは「IRの導入は単なるカジノ解禁だけでなく、日本型IRによって観光先進国を目指すものだ」と強調されている。日本の観光政策としてIRの導入を目指すとの目的自体には異論はない。カジノはそのためのいくつかの道具立ての一つだと位置づけたことも正しい。

 しかしながら、そうした趣旨にも拘らず、報告書のほとんどがカジノ規制のあり方などカジノにばかり割かれている。

 カジノは手段であって、目的ではない。IRの本丸はMICE(国際会議・国際見本市など)であって、カジノではない。カジノで収益を上げて会議場、展示場などの非収益部門を支えているが、IRの本質を見失ってはならない。

 それにも拘らずMICEについては、通り一遍の重要性を触れているだけだ。これでは羊頭狗肉と言われても仕方がない。IRの推進が、カジノの導入の是非ばかりに焦点があたることを避けるための「仮面」であってはならない。IRの導入を本気で目指すならば、その中核であるMICEにこそ大きな課題を抱えていることにメスを入れるべきだろう。

 日本は東アジアでの国際会議、国際見本市開催の争奪戦の中で、シンガポール、韓国、中国などの後塵を拝しているのが現実だ。カジノ解禁はそれを挽回するためにプラスに働くだろうが、それだけで本質的な問題が解決されるわけではない。

 ではその本質的な問題は何か。

 日本は東アジアでの国際会議、国際見本市の熾烈な争奪戦に競り負けていること、そしてそれらを複合ビジネスとしてとらえるMICEの重要性については10年前にも拙著『メガリージョンの攻防』(東洋経済新報社)で指摘した。しかしその後、事態は改善するどころか、ますます深刻度は増して、日本は後れを取っている。何故だろうか。

世界標準は10万平米の規模だ

 報告書ではカジノ施設とともに国際会議場・国際展示場の集客施設を一体的に整備・運営することの重要性を指摘している。国際見本市の獲得競争に伍していこうとするならば、世界標準の規模である10万平米クラスの展示会場が必要だ。

 見本市会場は行ってみればわかるが、どれだけ出展者が多いかが勝負だ。そういう大規模な見本市にこそ観客は見に行く価値がある。また観客数が多いからこそ、企業も出展する価値がある。そこで商談が生まれる可能性が高いからだ。「規模の利益」が成立する分野だ。会場の施設は豪華である必要はない。規模が重要なので、10万平米が世界標準になっているのだ。

 ところが残念ながら日本には東京ビッグサイトぐらいしかなく、他の展示会場のほとんどは規模が中途半端で、その結果、閑古鳥が鳴いているのが現実だ。それを考えると、もちろん国際標準の規模の施設整備も大事だ。

次ページ決定的に欠けているのは「プロ人材」


この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

欧米の貿易摩擦は加速するか

先週金曜日(22日)のサマリ 東京市場  ドル円は小動きな展開でした。仲値に向けた買いから小幅に上昇したものの、仲値後には失速し110.00円前後を静かに推移しました。また、日経平均が後場に入ると、260円超安となったものの影響は限定的でした。 ロンドン市場 欧州勢参入後には調整的な円売り… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「紀州のドン・ファン」がハマった、愛人バンクの麻薬的な快楽とは

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

「過労死は自己責任」で炎上の田端信太郎氏にみるグローバルマッチョイズムと、その支持者の“病理”

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

清水建二

清水建二

微表情学

表情分析技術が確立される前から、卓越していた仏像の表現力

都市商業研究所

都市商業研究所

大阪の熾烈な百貨店競争に「庶民派百貨店」はどう挑む?――全面リニューアルした「阪神梅田本店」を徹底解剖(2)

MC-icon

MC正社員

ダメリーマン成り上がり道

人気イベントから一転、過渡期に訪れた「どん底」

mitsuhashi

三橋規宏

石橋叩きのネット投資術

なぜ日本の経済学者は富豪や優れた投資家ではないのか?

shiba

志葉玲

ニュース・レジスタンス

病原菌だらけの海、漁船が攻撃され壊滅状態の漁業――パレスチナ自治区ガザ“海の封鎖”が引き起こす現実

kousaka

髙坂勝

たまTSUKI物語

退職者を量産したバー店主が語る。“いまの世の中「サラリーマンから足を洗いたい」と考えるほうがマトモ!?”

安達 夕

安達 夕

韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望……。根深い男女差別

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由