ライター・タカ大丸の離島ハーフマラソン日記 ランナーを苦しめる“足裏の炎症”に襲われ……

猫ひろしも苦しんだ足裏の痛みに襲われた筆者は……

 前回に引き続き、離島マラソンに挑戦した私、タカ大丸。 ゴールはしたものの、足裏の痛みがひかない。確かに、ゴール10m前でふくらはぎのけいれんに襲われたとき、どうせならゴールテープを切った後にきやがれという思いがあったが、とりあえずこの足裏の痛みを何とかしなければならないと思った。

 私は預けていた荷物を受け取り、財布とスマホを取り出した。といってもこの孤島にあるのは売店だけで、目の前の徳洲会もこの日は休んでいる。とにもかくにも私はレース用のシューズを脱ぎ、布製のわらじに履き替えた。ここで私が思い出したのは一人の友人であった。

 第0回でご登場いただいた農林水産省のキャリア官僚Nの紹介で知り合った久保田裕也氏である。氏は大学時代Nと同じテニスサークルに所属していたとのことだったが、社会人になった後ご多聞にもれず不規則で運動不足な生活のために体重85㎏まで増えたところで心機一転、マラソンに目覚めてオトバンクという会社を経営する傍ら、フルマラソン2時間40分台を記録する豪の者である。

 マラソン経験がない方には何のことやらさっぱりわからないと思うが、リオ五輪に出場したカンボジア代表でこの加計呂麻ハーフマラソンの特別ゲストでもある猫ひろし氏のタイムが、2時間45分55秒である。ゴルフでいえば、18ホールを65前後で回るに等しい。

 事前にこの大会で走り、完走したらすぐに報告することを久保田氏に伝えていた私はフェイスブックのメッセンジャーで問い合わせた。

「1:57:13でした。ヒザは大丈夫ですが、両足裏にきています。何か応急処置ありますか?」

 しばらくすると返答が届いた。

「それ足底筋膜炎かもしれませんね。足裏は厄介なので、とにかく足裏を使わない、歩かない、アイシングを続けることですね」

 ちょうどその頃、私は前述のとおりシューズを脱いでわらじに履き替え、両足を前に投げ出して歩かないまま、猫ひろし氏のトークショーに耳を傾けていた。つまり方向性としては間違っていないということになる。

 ただ、加計呂麻には銭湯がない。コンビニも薬局も、スーパーマーケットすらない島だから驚くにはあたらないかもしれないが、長距離走った直後に一番ほしいのは水風呂を備えた銭湯である。前回説明した通り、ピッ子さん宅にはシャワーがない。しかも彼女は島一番のイベントで売店にいる。つまり家にはいない。さあどうするか、私はない知恵を絞った。

 といっても答えは限られている。目の前にあるフェリーで一旦奄美大島にわたるしかない。奄美に行けば港から徒歩十分のところに銭湯があることはわかっている。幸いハーフマラソン出場者には奄美―加計呂麻無料フェリー往復券がついている。これで行くしかない。

 14時に出たフェリーは14時25分に奄美に着く。走った直後で歩くのに時間がかかるだろうが15時前には銭湯にたどり着けるはずだ。一時間銭湯で過ごしたにしても17:30発のフェリーに乗れば加計呂麻の家に戻ることができる。私は満員のフェリーに乗り込んだ。

次ページランナーには必須。猫ひろしも推奨する足裏ケア


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買いの安心感が広がり、強含みの展開に

 昨日のドル円は、東京市場では日米首脳会談後の共同記者会見で、トランプ米大統領から対日貿易赤字に対する強硬な批判がなかったことで、ドル円は買いの安心感が広がりました。また、日経平均株価が200円超上昇したことも支えとなり、一時107.51円近辺まで値を上げる展開になりました。欧米市場では、… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

「お金持ちに見初められ、体を差し出せば愛人になれる」は大間違い

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

水原希子も怒り心頭! 荒木経惟がモデル女性に注いだオリエンタリズムのまなざしとは

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

深夜便での海外出張は、深夜残業にあたるか?!

清水建二

清水建二

微表情学

<連載50回記念>微表情にまつわるあらゆる質問、疑問にお答えします

都市商業研究所

都市商業研究所

西武の新しい顔「拝島ライナー」登場!――好調の裏にあったかつての「苦い失敗」

安達 夕

安達 夕

韓国の女子高で“#MeToo”! セクハラ教師軍団に鉄槌が下される

橋本愛喜

橋本愛喜

日本人が公共の場で、“1人分のスペース”を死守する理由とは?

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

「ほめて伸ばす」は間違い! 頭が悪い人たちの間で今だに信じられている学習法4つ

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由