電通の「働き方改革」では長時間残業が減らない本当の理由

 こんにちは、産業医の武神健之です。

 社会問題となった電通過労自殺事件から1年が経ちました。この間、政府はいわゆる「働き方改革」を推進してきたわけですが、企業における「働き方」は、どのように変わったのでしょうか?

電通働き方改革 私は、これまで産業医として1万人の働く人たちを面談してましたが、昨今の長時間残業の議論では、ワークライフバランスを実現できるとは思っていません。今回はその理由をお話します。

電通式「働き方改革」は素晴らしい。けど……

 今年7月、電通は「労働環境改革基本計画」を発表しました。その内容はおおよそ以下の4点に集約されます。

・法令遵守・コンプライアンスの徹底
・三六協定違反、ハラスメント、過重労働の3つのゼロの達成
・2年後の総労働時間を80%まで削減
・新たに生み出された20%の時間で「心身のコンディション向上」「日々の生活充実」「多様な体験・学習」を支援して社員一人ひとりの成長を促す

 働環境改善や過労死防止の観点で、電通の「労働環境改革基本計画」は非常に素晴らしい内容です。しかし朝日新聞の取材に、電通の元常務が「いずれも机上の空論であり、仕事の中身を変えない限りは、現場は今までどおりの仕事の仕方を変えない」と厳しいコメントをしているように、このトップダウン的な方法だけでは不十分だと感じます。

長時間労働を減らしても働き方は改善しない!?

 みなさんに考えていただきたいのが、そもそも長時間労働を減らしたら、本当にワークライフバランスが実現するのかという点です。

 仮に社員の労働時間を80%に減らしたら、新たに生み出された時間で、社員一人ひとりの自己成長が促せるのでしょうか。

 私は「No」だと考えます。

 なぜなら、長時間労働で病気になる人もいれば、ならない人もいます。少ない残業で病気になる人もいれば、ならない人もいます(長時間労働を肯定しているわけではありません)。

 絶対的な長時間労働は健康を害する確率を高めますが、短時間でも病気になるし、長時間でも大丈夫なこともあります。そこには労働時間の長短では説明しきれない要素があるのです。

次ページ長時間残業が本当に違法か、どうか


この連載の記事一覧

この記者の記事一覧

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません

ドル円は買い戻しが優勢で107円前半まで上昇

昨日のドル円は、東京市場では米国の3連休明けの5・10日(ゴトー日)とあって仲値にかけて買いが先行しました。仲値後は日経平均株価の下落などが重しとなったことで伸び悩む場面もありましたが、一方で下値では本邦勢からの買いが観測されるなか、次第に下値を切り上げる底堅い動きになりました。全般にドル… [続きを読む]
連載枠
連載一覧
菅野完

菅野完

草の根保守の蠢動

稲田防衛大臣と国有地払い下げ事件の塚本幼稚園を結ぶ「生長の家原理主義ネットワーク」【特別編】

東條才子

東條才子

現役愛人が説く経済学

年収はそう高くないけど愛人成約率抜群な「市場」とは?

北条かや

北条かや

炎上したくないのは、やまやまですが

若者の「節分離れ」は、恵方巻きのブラックノルマが原因である

マッチョ社長

マッチョ社長

筋トレで解決しない悩みはない!

間違ったダイエットで、仕事に悪影響を与えないためには?

武神健之

武神健之

ブラック化する日本企業への処方箋

外資系産業医が明かす、今年も「過労死のニュース」がなくならない原因

山口博

山口博

分解スキル・反復演習が人生を変える

いつまで経ってもスケジュールが決まらない!? 無駄なメールの応報を減らす鍵とは?

清水建二

清水建二

微表情学

ヤンキーが暴力を振るうのは、他者の表情を読み取れていないからである

都市商業研究所

都市商業研究所

JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

Yu Suzuki

Yu Suzuki

快適ビジネスヘルスハック

結婚にメリットがないことが遂に科学的に証明される 研究者「既婚者のほうが孤独でストレス値が高い」

石原壮一郎

石原壮一郎

名言に訊け

つまらない悩みにクヨクヨする自分を奮い立たせる三島由紀夫の至言

大熊将八

大熊将八

ビジネスニュースの深層

『秘密結社 鷹の爪』DLE、急成長のウラに隠された決算上の疑念とは?

島影真奈美

島影真奈美

仕事に効く時代小説

おんな城主・井伊直虎を育てた師の重~い箴言

江藤貴紀

江藤貴紀

ニュースの事情

中高一貫私立でレベル無視して「検定外」教科書がもてはやされる背景

闇株新聞

闇株新聞

東芝を海外勢に叩き売ってはいけないたった一つの理由