ウラジオストック北朝鮮レストラン従業員の独白「国に帰りたい」

ほとんどが平壌出身。「インターネットができるのがうれしい」

 最後に訪れたのは、大型でクラブ兼スナックというような雰囲気を持つ某所。店内にはステージもあり、テレビからは北朝鮮の国内放送が垂れ流しされている。本来ならば取材は一切NGだが、交渉の末ウエイトレス2人に一問一答の質問をぶつけることに成功した。 内容は以下の通りだ。 Q:どういう経緯でウラジオストクに来た? またどのくらいの滞在か? A:「選ばれて。任期が決まっているが、私はいつまでかはわからない」 Q:どうすればステージで踊ってくれるのか? A:「団体のお客様からのリクエストがあれば、少人数でもお金でリクエストがあればパフォーマンスする」 Q:北朝鮮の人も利用するのか? A:「個室をよく使う。あとは集まりや会合などで」 Q:個室ではどんなサービスを A:「カラオケを歌ったり、お酒を飲んだり、喋ったり」 Q:性的なサービスはあるのか A:「ない。そんなことはできない」 Q:ウラジオストクでは普段は何をして過ごしている A:「いろいろ。あまり特別なことはしていない。ただ、インターネットができるのが嬉しい。特にゲーム」 Q:北朝鮮ではできない A:「はい」 Q::北朝鮮に帰りたいという思うことはある A「生活が慣れないので。あとはやはり家族に会いたい。家族と離れて暮らすのがツラい。ロシアが良い悪いではなくて、それで帰りたいと思うことはある。寂しさは感じる」 (2人目の女性) Q:北朝鮮のどのエリアの出身なのか?また、お店にはどこから来る子が多いか? A:「平壌、ほとんどの人が平壌」 Q:家族と一緒に来ている? A:「1人で来ている。家族は国にいる。ほとんどの子が1人で来ていて、家族は国にいるということが多い」 Q:どうやってウラジオストクに来るのか? A:「選ばれて。選ばれると拒否はできない。家族のこともあるから」 Q:どんな選考基準があるのか A:「それは言えない。でも、基準はあると聞いている」  彼女達の収入は、ほとんどが国の取り分となり手元にはほとんど残らない。終始笑顔を絶やさずに対応してくれたが、ホームシックにかかる女性も決して少なくないとのことだった。 ※次回「ウラジオストクで働く北朝鮮労働者に直撃 その厳しい生活事情とは?」は近日公開予定 <取材・文・撮影/栗田シメイ>
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right