NFLやNBLなどのスポーツ中継で米IT企業が激戦! 既存メディアとの競争も激化

丹羽唯一朗

FacebookのNFL公式ページではハイライト動画が視聴できる

 米プロフットボールリーグ、NFLの試合ハイライト動画などスポーツコンテンツが、SNSやソーシャルメディアなどIT企業が提供するプラットフォーム上で視聴できるケースが多くなっている。
 NFLの試合ハイライト動画は、ツイッターYouTubeFacebookに存在するNFL公式アカウントで視聴できる。また、Amazonでは、米国時間の木曜夜に開催されるプロフットボールリーグNFLの「Thursday Night Football」をAmazonプライム・ビデオ会員は追加料金不要で視聴できる。9月から12月までの期間に、試合ハイライト動画が1試合、試合ストリーミング動画が10試合、配信される予定だ。

 日本時間9月29日のシカゴ・ベアーズ対グリーンベイ・パッカーズ戦では、Amazonプライム・ビデオで約200万人が視聴した。昨年は、ツイッターが、10試合ストリーミング動画配信したのであるが、ツイッターでの初回のストリーミング配信では230万人が視聴した。

 この数字だけ見ると、ツイッターよりもAmazonプライム・ビデオのほうが、視聴者数は少なかったのだが、30秒以上視聴した人数を比較すると、Amazonプライム・ビデオが37万2000人、ツイッター24万3000人と、Amazonプライム・ビデオのほうが長時間視聴するユーザーが多いという結果になった。(参照:「ロイター」)

新動画サービスを発表したFacebook

 8月9日(現地時間)、米Facebookは、米国の一部ユーザーを対象に新しい動画配信サービス「Watch」を開始したと発表した。Facebook上に新たな「Watch」タブが追加され、ここでパートナーによるオリジナル動画コンテンツ「Show」を配信していく。Watchはモバイル、デスクトップ、ラップトップ、およびテレビアプリケーションで利用可能になる。(参照:Facebook

 番組の事例として、有名ラッパーのNas Dailyや、New York Times ベストセラー作家の Gabby Bernstein、子供向けクッキング番組のTastemade’s Kitchen Littleの他に、Major League Baseball Liveなどがあるとしている。

 また、Facebookはすでに、NFLとレギュラーシーズンの256試合、プレイオフ、スーパーボールのハイライトや総集編の動画をフェイスブックで配信する複数年契約を締結しており、NFLの試合ハイライト動画もFacebook上で視聴できるようになっている。

 実は、ここにIT企業同士の争いもあった。Facebookは木曜日の夜の試合をストリーミングするプラットフォームになることを目指していたが、最終的に入札プロセスでAmazonに敗れたのである。

次のページ 
サッカーW杯でもSNS配信が台頭
1
2
4
5
関連記事
6
7